この星の格闘技を追いかける

【Grachan31】ルクク・ダリが間宮晃仁に判定勝利で6連勝達成

Dry【写真】ローの影響かなかなか足が前に出ないようになったが、振りの迫力は十分(C)KAORI SUGAWARA

15日(日)、東京都江東区ディファ有明でGrachan31が開催された。ダブルメインイベントが行われた同大会はバンタム級戦で佐々木郁矢×手塚基伸、前フェザー級チャンピオン大澤茂樹も5月に阪本洋平に敗れてからの再起戦で、GRACHAN初参戦の鍵山雄介と対戦をした。セミではルクク・ダリもマジョリティ判定で勝利し、連勝を6に伸ばしている。

上記3試合のレポート、続いてダリ×間宮の一戦をお届けしたい。

01<75キロ契約/5分2R>
ルクク・ダリ(コンゴ)
Def.2-0
間宮晃仁(日本)

021R、ローを出しながら、テイクダウンを狙う間宮をオーバーハンドの左フックでダウンさせると、ダリはパウンドを落としていく。足関節を仕掛けようとするが、ダリが体を判定してスタンドに戻ったことで、窮地を脱する。再びテイクダウンを仕掛ける間宮は突き放されてしまい、なかなか組むことが出来ないが、パンチを見せながらローを蹴り続ける。ダリは足の動きが鈍り始め、1Rが終了時は足を気にする素振で歩行するようになっていた。

032R、間宮が引き続きパンチからのテイクダウン偉いも、ダリは押し返すように倒れない。それでも打撃戦のなかで、パンチを織り交ぜながら間宮はローを蹴り続ける。ここでダリも組みついて、ケージに間宮を押し込もうとするが、体勢を入れ替えられてしまう。

一旦離れると間宮はローを続けて、組んでドライブ。ヒザの蹴り合い、間宮はテイクダウンでなく引きこんで寝技へ。ダリが間宮のバックを狙いつつ、スクランブル。スタンドに戻ったところで2Rが終了し、判定2-0でダリが勝利を手にした。


PR
PR

関連記事

Tokyo Int JJC

Movie