この星の格闘技を追いかける

【UFN117】4年振りのUFC、OSP戦へ岡見勇信─02─「受けた時点で、現実しか見ていない」

OSP vs Okami【写真】写真はインタビュー直前、メディアデーでのフェイスオフ (C)KAORI SUGAWARA

23日(土)にさいたま市中央区のさいたまスーパーアリーナで開催されるUFN117「Saint Preux vs Okami」で、4年振りにオクタゴン復帰を果たす岡見勇信インタビュー後編。

大会1週間前に2階級上のオヴァンス・サンプレー戦のオファーを受けた岡見は、周囲が歓喜する空気とは明らかに一線を画する張り詰めた空気を纏っていた。

そして、「ここから」と彼は言い切った。

<岡見勇信インタビューPart.01はコチラから>


こちらは昨夜の本計量後のフェイスオフだ

こちらは昨夜の本計量後のフェイスオフだ

――晴れてフリーになれましたが、だからといって即UFCというわけでは本来はなかったはずです。PFLと契約を更新しなかった後、どのようなステップを踏もうと考えていたのでしょうか。

「どこの大会というのではなく、しっかりと道筋が存在する戦いを積み重ねていきたいと思っていました。PFLは来年の展望が明確になっていなかったですしね。まず自由になって、色々な方向性を探ろうと思っていました。

この間にとあるプロモーションからも契約の話がありました。凄く、僕のことを尊重してくれた契約内容だったのですが、契約期間が長かったのでお断りしました。やはりUFCという目標があったので。日本でパンクラス、DEEP、修斗で試合をすることも考えてはいました。実際に話をしたわけではないですが」

――次に向けて、国内で単発で試合をすると。

「ハイ。そういう流れのなかで、今回のUFC出場という話になったんです」

――そして、ここから控えている現実です。

「僕は現実をずっと見ていました(苦笑)。UFCが決まって万歳という感情はなかったです。これから戦うので。回りは本当に喜んでくれて、その表情とか眺めているとこの決断をして良かったなと思えました。ただし、OSPと戦うという現実にすぐに戻っていました。

なんせ、金曜日までは安西君のセコンドで会場に行くつもりだったので(笑)」

――解説の依頼があったとも聞いています。

「ハイ。それもセコンドに就くので、お断りしていたんです。そんな状況からメインでライトヘビー級で戦うことになる。本当に人生、分からないです」

――このケースが今後、2度と起こるか分からないですが、挫けそうになっている選手にモチベーションを与えることになったのではないかと。

「UFCが評価してくれたことは嬉しかったです。もう、ここまできたらジタバタしてもしょうがないです。怖いと言っちゃ、怖いです。でも、怖いだけで終わってしまったら意味がない。自分のことをドンドンとぶつけていかないと。

恰好良いことは言えないですけど、とにかく前に出て、その先に何が起こるのか――です。初めてロシアに行ってアマール・スロエフとやった時とか、もっと危険だったかもしれないし。MMAを続けるなかで色々な経験をさせてもらい、本当に怖い経験もさせてもらいました。

そこで、これ(笑)。『なんで、俺受けちゃうんだろう』という想いも正直あります(苦笑)。でも、これを逃げたら一生逃げてしまうなっていう気持ちがして。俺、格闘家として終わるなって。だから、今はもう割り切っています」

――減量がないので、ここから疲れることはないですし。

「ハハハ、2日間ぐらい飯が食えなくて……減量じゃないのに減量みたいになっちゃっていました。食え、食えって思うのに胃が痛くなっちゃって(笑)」

――……。フェイスオフでは大きさの違いはそれほど感じられなかったです。

「そこから戻すから、オクタゴンのなかではとんでもないことになっていますよ(笑)。でも、もうそこは想定内。とんでもないデカいヤツと戦うことは、斟酌していません。ここで勝って、ウェルター級で一気にトップランクに入る。

もうやれることは、なんでもやります。これまでの試合とはまるで別物です。この世界で17年、18年やってきたことを全てぶつけます」

――あの裏技もついに試合で解禁ですか。

「その機会があれば、使います。宝くじに当たったんだから、それをいかに使うのか。もう覚悟を決めてやるだけです。オファーを受けた時点で、現実しか見ていないので」

――岡見勇信、UFCへ復帰以上のインパクトが残せるよう勝手ながら期待しています。

「ありがとうございます。ここから、です。やります。何をしないといけないのか、イメージはできています。加えて出たとこ勝負。そこができるよう、コンディションを整えます」

■ UFN117対戦カード

<ライトヘビー級/5分5R>
オヴァンス・サンプレー(米国)
岡見勇信(日本)

<女子ストロー級/5分3R>
クラウジア・ガデーニャ(ブラジル)
ジェシカ・アンドレジ(ブラジル)

<ライト級/5分3R>
キム・ドンヒョン(韓国)
五味隆典(日本)

<ライトヘビー級/5分3R>
グーカン・サキ(オランダ)
エンヒッキ・フランケンシュタイン(ブラジル)

<フェザー級/5分3R>
石原夜叉坊(日本)
ロランド・ディ(フィリピン)

<フェザー級/5分3R>
廣田瑞人(日本)
チャールズ・ロサ(米国)

<ウェルター級/5分3R>
中村K太郎(日本)
アレックス・モロノ(米国)

<フライ級/5分3R>
ジョズエ・フォルミーガ(ブラジル)
佐々木憂流迦(日本)

<女子ストロー級/5分3R>
近藤朱里(日本)
ジョン・チャンミ(韓国)

<ウェルター級/5分3R>
安西信昌(日本)
ルーク・ジュモー(ニュージーランド)

<ウェルター級/5分3R>
阿部大治(日本)
イム・ヒョンギュ(韓国)

PR
PR

関連記事

Road FC45

HEAT41

Movie