この星の格闘技を追いかける

【UFC99】宇野薫、オクタゴン復帰戦はフィッシャーに惜敗

2009.06.14

(C) MMAPLANET■第8試合 ライト級/5分3R
スペンシャー・フィッシャー(米国)
Def.3R終了/判定3-0
宇野薫(日本)

【写真】試合終盤、執念でポジションを奪った宇野は、最後の反撃を試みたが一歩届かず無念の敗戦を喫した (C) MMAPLANET

入場では小刻みにステップを踏み、花道で気合を入れる宇野。深く一礼してオクタゴンに入ると、マットに大の字となった。

サウスポー同士の対戦では、積極的に前に出るフィッシャーがローを見せると、宇野はヒジ打ちのフェイント。続いて、フィッシャーの左ストレートに絶妙なタイミングで両足タックルを仕掛けたが、フィッシャーは素早い反応でこれをがぶると、宇野もすぐに立ち上がった。


差し合いからケージ際で大腿部にヒザを打ち合う両者。ブレイク後、宇野がインローを放つと、フィッシャーもローからアッパーのコンビネーションを披露。やや遠い間合いからタックルで飛び込んだ宇野に、再びがぶったフィッシャーと差し合いになったが、終了間際に、宇野がフィッシャーのガードの上からパンチをまとめたところで1Rが終了した。

2R、インローからパンチを振るったフィッシャーにタックルを合わせた宇野が、今度はテイクダウンに成功。だが、宇野がフィッシャーを捕まえきれずにいると、すぐに立ち上がらせてしまい、続く片足タックルも防がれた。

宇野の前蹴りを掴み倒したが、スタンドで戦いたいフィッシャーは深追いはせず、宇野がガードで上のポジションを奪っても、下から足を刈ってはスイープに成功する。

だが、フィッシャーにバックを取らせて、有利なポジションを奪おうとする宇野。フィッシャーが投げを狙うと、これを潰してハーフを奪った。それでも、フィッシャーを捕まえておくことができない宇野は、フィッシャーが立ち上がってヒザ蹴りを放つと、これを嫌がったのか、自らガードに引き込んだ。

3R、一気に組み付き、フィッシャーをケージに詰めていく宇野。フィッシャーは離れ際、強烈な左フックからボディへのヒザ蹴りをみせる。ここでタックルからテイクダウンを狙う宇野だが、ここでも座った状態のフィッシャーを寝かせるには至らず、ブレイクに。

スタンドでは、ワンツーを放つフィッシャーに対し、宇野はローキックを放つもバランスを崩して転倒。再びスタンドへ戻るとアッパーを放ったフィッシャーに、宇野はこれでもかとタックルへ。残り1分、ケージ際でようやくマウントを奪った宇野は、ヒジ打ち、パウンドを落としていったが、最後まで決め手に欠き試合終了。両者ともに両腕を掲げ、勝利をアピールしたが、判定の結果は3-0でフィッシャーに軍配が上がった。

PR
PR

関連記事

Arzalet

Movie