この星の格闘技を追いかける

【PSL01】湿気&高温で削られたタフマッチ、トラドがセフェリーノに競り勝つ

<ライト級/5分3R>
ハーマン・トラド(米国)
Def.2-1:29-28.29-28.28-29
ジョアォン・セフェリーノ(ブラジル)

左ジャブを見せて右を当て、続いてジャブから組み付いたセフェリーノがシングルレッグでケージにトラドを押し込む。そのままボディロックでテイクダウンを奪うも、トレドも蹴り上げから立ち上がる。即、ボディロックで2度目のテイクダウンに成功したセフェリーノは左エルボーを打ち込んでいく。さらに足を一本抜いたセフェリーノはパス狙いのプレッシャーを強めていく。一瞬のパスも、ここでも足を滑らせたセフェリーノは懸命にトップをキープしてスタンドへ。

右を当てたセフェリーノがバランスを崩し、トラドが右を返す。さらにセフェリーノはテイクダウンの際に足を滑らし、腹ばいになってしまう。バックコントロールを許したセフェリーノだが、何とかダメージの残るような攻撃は受けずラウンド終了を迎えた。

2R、右フックを当てたトラドがセフェリーノのテイクダウン狙いを切り、スイープを潰して右エルボーを打ち込んでいく。動きが落ちたセフェリーノはバタフライガードも、完全に背中をマットに着けてしまっている。鉄槌を打ち込むトラドはアームロックを防ぎ、立ち上がって左のパウンドを落とす。トラドは飛び込んでパウンドを見せるが、そこでも足がとられそうになる。足場の悪い状況でスタミナのロスが激しい両者、試合はイーブンで最終回を迎えることとなった。

右をヒットさせたセフェリーノは、シングルレッグでテイクダウンに成功する。立ち上がろうとするトラドの足の裏、抑えようとするセフェリーノのヒザがマットで滑る。バックを狙ったセフェリーノだが、トラドは前転からスクランブルに持ち込んでスタンドに戻る。荒いフックで前に出たトラドはシングルからダブルも、セフェリーノが耐えて時間が残り1分を切る。

離れてもすぐにクリンチの状態になった両者、最後の30秒でトラドの右フックが当たり、セフェリーノのダブルを切ったところでタイムアップを迎えた。結果、高温&高湿度の屋外ファイトはジャッジの裁定が割れ、トラドに凱歌が挙がった。


PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie