この星の格闘技を追いかける

【UFN110】ファンの後押しに応え、ジュモーがスティールに判定勝ち

<ウェルター級/5分3R>
ルーク・ジュモー(ニュージーランド)
Def.3-0:29-28.29-28:29-28
ドミニク・スティール(米国)

間合いを取る両者。ジュモーのローにスティールがワンツーを放っていく。カウンター狙いのジュモーにスピニングバックフィストを狙ったスティールが左フックを振るう。ジュモーのワンツーにもパンチを振るいながら組み付いたスティールは、離れた直後にフックを狙う。

ジュモーはパンチから左ミドル、その後は左手を伸ばして自ら動くことはほとんどない。左ボディを入れたスティールは、ジュモーの左フックにテイクダウンを合わせる。そのままサイドを取ったジュモーはエルボー、ヒザをボディに突き刺す。足を戻したジュモーだが、エルボーを連打され初回を失った。

2R、左を当てたスティールが、飛びヒザ後に組みつくもジュモーが体を入れ替える。すぐに離れた両者、ジュモーがワンツーを繰り出し、左ミドルへ。さらに左ボディから右フックを打ち込み、スティールがヒザをつく。すぐに立ち上がってクリンチに持ち込んだスティールは、ヒザ蹴りダブルを狙うもケージに押し込まれる。足の甲をスタンプするジュモーに大きな声援が集まるが、スティールはダブルで押し込みシングルへ。

ここを耐えたジュモーは逆にスティールをケージに押し込んでから離れる。組まれたスティールは、態勢を入れ替え差し合いからダーティーボクシング。ダブルレッグは決まらず、ジュモーがラウンドを取った。

最終回、右から左ミドルを蹴りつつ前に出たスティールは、ジュモーの左フックにも組みつく。ケージに押し込み返し、スピニングバックエルボーを狙ったジュモー。空振りに終わり、スティールが体を入れ替える。ブレイク後、スティールの前進に右を当てたジュモーは、再び右を打ち込み。バランスを崩し、動きが止ったスティールに対し、間合いを取ってジャブを見せるジュモー。スティールは組んでいったが、テイクダウンは奪えない。

慎重な攻めとテイクダウンディフェンスでジュモーが勝利、「この試合を見てくれた全ての人の気持ちがこの胸に届いた。自分を信じて戦った。これがスタート。こんな幸せなことはない。次はもっと良いパフォーマンスを見せる」とUFC初勝利を振り返った。

PR
PR

関連記事

Tokyo Int JJC

Movie