この星の格闘技を追いかける

【WJJC2017】ルースター級、吉岡崇人&橋本知之の初戦を詳細レポート

Hashioto vs Junior【写真】ホジネイのアキレスで橋本にリバーサル・ポイントが入らないのであれば、50/50のような不安定なシーソー状態でポイントになるのはいかがなものか……とはいってもルールはルールと思うしかない (C)MMAPLANET

1日(木・現地時間)から4日(日・同)にかけて、カリフォルニア州ロングビーチのカリフォルニア大ロングビーチ校内ピラミッドにて、開催されたブラジリアン柔術世界選手権=ムンジアル。

今年度における各階級、そして無差別級における競技柔術世界一を決定するこの大会。レビュー第1回は、ルースター級に出場した日本人選手2名の初戦の模様をお届けしたい。


Yoshioka vs Lucas<ルースター級1回戦/10分1R>
ルーカス・ピニェーロ(ブラジル)
Def. by 2-0
吉岡崇人(日本)

ATOSから出場した吉岡は、昨年惜敗を喫したピニェーロと初戦で激突。試合開始後まず引き込んだピニェーロは、ラッソーガードを作ると吉岡の軸足を刈って後ろに倒して2点先制。立ち上がったピニェーロに対し、吉岡はベリンボロ等を仕掛けて崩そうと試みる。しかしピニェーロはそれを防ぐと、低い体勢で吉岡のガードに噛み付いてゆく。

Yoshiokaやがて横に動いてのパスでアドバンテージを追加したピニェーロは、その後も低く体重をかけ、吉岡になかなか攻撃の機会を作らせない。残り時間が少なくなると、ピニェーロは自ら下に。吉岡のパス攻勢をやりすごして2点のリードを守りきった。

マイキー・ムスメシのガードを攻略したこともあるピニェーロの強力なパスを防ぎ、その技術の高さを見せた吉岡だが、有効な攻撃は仕掛けられず。ピニェーロにうまく封じ込まれた形となった。

<ルースター級準々決勝/10分1R>
橋本知之(日本)
Def. by レフェリー判定
ホジネイ・バルボーザ・ジュニオール(ブラジル)
 

Hashimoto 01一回戦不戦勝で、ベスト8から登場となった橋本の初戦の相手は、今年のワールドプロ大会で戸所誠哲に完勝して制したバルボーザだ。序盤はお互い下のポジションを望み、ダブルガードでの膠着によるペナルティを重ねる展開となったこの試合。やがて上を選択したのはバルボーザの方だ。

Hashimoto 02すると橋本は左腕を左ヒザ裏から通してホドネイの右腕トラップする、いわゆるウィリアムスガード(10th planetシステムでは「ロンドン」と呼ばれるラバーガードの一種)の体勢を作り、さらにそこから回転してのベリンボロを仕掛けてゆく。

Hashimoto 03その後橋本はアキレス腱固めも仕掛けるが、これも決定打にならず。残り時間が30秒をきったところでバルボーザのラペルを引き出して絡めてワームガードを作る。と、バルボーザを崩して立つことに成功した。これで決勝の2点を獲得かと思いきや、バルボーザは下になりながらアキレス腱固めを仕掛けていたという判断でノーポイント。代わりにアドバンテージを与えられ、同点に追いついたところで試合終了となった。

レフェリーの判定は3者とも、最後に上になった橋本に。世界レベルの力を持つバルボーザに対して得意のモダン柔術戦を仕掛け、見事に競り勝って堂々のベスト4進出=メダル獲得を決め、世界3連覇中の絶対王者、ブルーノ・マルファシーニ戦を実現させた。

PR
PR

関連記事

Tokyo Int JJC

Movie