この星の格闘技を追いかける

【UFN109】距離間、当て感、抜群のティル。アヤリを寄せ付けず判定勝ちも…集中力を欠く場面も

<176ポンド契約/5分3R>
ダレン・ティル(英国)
Def.3-0:30-27.30-27.29-28
イエシン・アヤリ(ドイツ)

6ポンド・オーバーと醜態をさらしたティル。そのポテンシャルの高さは誰もが認めるところだが……。オーソのティルにアヤリは右ローを蹴っていく。アヤリは左フックを振るって前に出る。しっかりと間合いを図ってからアヤリの前進に左ストレートを打ち込んだティルは、下がるアヤリに再び左を当てる。続いて左ハイ、そして左ストレートを当てる。

ティルが組んでいくと首相撲からヒザ、離れてダブルレッグを決める。アヤリが立ち上がると、ティルは左ストレートを入れる。続いてアヤリがヒザ蹴りを繰り出すと、足払いで倒しバックを取って後方への投げを狙う。アヤリは右オーバーハンドで前に出ていくも、ティルは構わずバックステップでかわして左を当てるなど初回を圧倒した。

2R、左を当てたアヤリが、もう一発左を狙うとティルが逆に左を入れてダウンを奪う。アヤリが腕十字を仕掛ける。ティルの右腕が伸びたが、ここを引き抜くやエルボーを打ち込む。ガードのなかから肩固めと強引な攻めを見せるティルは、蹴り上げ立ち上がったアヤリのヒザ&左を打たれて足下がおぼつかなくなる。

アヤリはテイクダウンも、ティルが即立ち上がり左ハイ、そして右を打ち込む。アヤリの右にカウンターの左を打ち込んだティルが2度目のダウンを奪い、左のエルボーを打ち付ける。鉄槌からパンチ、離れて左を打ち込んだティルがこの回も取った。

最終回、アヤリが右からヒザ蹴りを狙い、離れてもう一度飛び込んで左を振っていく。ここに左を当てて、アヤリの突進もいなすティル。アヤリはそれでも距離を詰めてケージに押し込むとエルボーを当てていく。離れたティルは左ハイ、続いて左ミドルを蹴り込む。組まれてもいなして、余裕の表情を浮かべるティル。左をよけたアヤリが右を2発入れる。余裕があり過ぎ、隙ができるティルはファンを煽ってテンカオを突き刺す。

と、アイポークがあったとアヤリがアピールし、レフェリーがドクターチェックを要求する。再開後、殴られて笑顔を見せるティルは左を当てて、ケージ中央に走る仕種を見せる。抜群の距離間と左の当て感、蹴りやヒザ、足払いまで使いこなし才能の豊かさを見せつけたティルが、文句なしの判定勝ち──も集中力に欠けるシーンもあった。

PR
PR

関連記事

Tokyo Int JJC

Movie