この星の格闘技を追いかける

【Titan FC44】ホゼ・トーレス、5戦目で二階級制覇。UFC出場を猛・猛・猛アピール!!

<Titan FCバンタム級選手権試合/5分5R>
ホゼ・トーレス(米国)
Def.3-0:49-46.48-47.48-47
ファカド・シャリポフ(キルギス)

挑戦者ながら赤コーナー、入場&コールも後だったトーレスが、素早い左ジャブを伸ばす。シャリポフは左ハイ、左フックから左ミドルを繰り出すと、さらに左からの蹴りとパンチを続ける。左ボディ、左ミドル、そして左ヒザとシャリポフが攻勢に出るが、トーレスはそれでもプレッシャーを掛けて右フック、ヒザ蹴りを返す。下がってローやミドルを入れるチャンピオンをケージに詰めてダーティーボクシングに持ち込みたいトーレス。

しかし、間合いを外したシャリポフが左フックを入れると、トーレスがストンと腰から崩れてダウン。起き上がってテイクダウンに出たトーレスはギロチンを切り抜けてトップを取る。と、トーレスは自ら離れてスタンドへ。シャリポフは左ローから右フックを当てる。トーレスは前に出てワンツー、シャリポフはテイクダウンを狙う。これを潰してトップを取ったトーレスがスタンドへ。このタイミングでのテイクダウン狙い、チャンピオンはスタミナをロスしたか……。

2R、ジャブの打ち合いから左フックを入れたトーレスが、右ローを蹴り込む。シャリポフはローをキャッチされて尻餅をつく。寝技にいかないチャレンジャーは、右ストレートから右フック、そして右ミドルを蹴り込む。左ストレート、左ボディ、左ミドルを返すチャンピオンだが、ケージを背負う場面が目立ってくる。ボディと右ストレートを被弾しても前に出て右を返したトーレスが、ワンツー。

トーレスは右ミドルを当て、さらに左ボディーストレート、続いて左ミドルを蹴っていく。疲れが目立つ王者はローが急所に入り、ブレイクを要求する。再開後、右ローから右エルボーを入れたトーレスが、左を当てて右ロー、バランスを崩したシャリポフにエルボーを的確に落としていく。トーレスがラウンドを取り返した。

3R、引き続き前に出るトーレスは、王者の左フックを小さなMMAグローブでブロックして、左ジャブから右ローを蹴っていく。右ミドル、右フックを入れた挑戦者がいよいよ攻撃の回転数を上げる。ジャブ&左フックを被弾しながら右を当てるトーレス。シャリポフはエルボーを狙うが、これもトーレスはガードする。MMAとは思えないボクシング的な防御で戦うトーレスは、テイクダウン狙いからガードを取ったシャリポフの腕十字を潰して立ち技に戻った。

と、シャリポフが右ストレートをヒット。トーレスは左ミドル&左ロー、右ミドルを入れる。シャリポフの後ろ回し蹴りにも前に出て左ジャブを当てたトーレスは引き込んだシャリポフにカカト落としを見舞っていった。

4R、シャリポフは手を出しても攻撃が軽い。対して、スピードに乗り重い打撃を入れることができるトーレスが、ワンツーをガードして右ミドルを放つ。ただし、この高いガードでブロックという戦い方は、MMAでどのように判断されるか。左ジャブを連続で当て、引き込んでガードを取る王者に付き合わないトーレスが右エルボー、左フックを当てていく。

シャリポフは左ミドルを返したが、左フックを被弾して下がる。そして組んで引き込みという負のスパイラルへ。頭を抱えてトップを取ったトーレスが、金網際に押し込んでエルボー。腕十字を潰してヒジを落とした挑戦者のラウンドとなった。

最終回、距離を詰めてきたトーレスに大外刈りを決めたシャリポフだが、スクランブルで引き込んでしまう。スタンドに戻ったトーレスが、ダブルレッグでテイクダウンを奪い、スタンドに戻って今度はシングルレッグを仕掛ける。最後にテイクダウン勝負に切り替えたトーレスだが、倒してからは寝技を続けることはない。

シャリポフもテンカオを決めるも、トーレスは打たれ強い。蹴り足を掴まれ、引き込んで足関節を狙った王者の動きに呼応して離れたトーレスは、攻撃を受けても前に出てパンチを返すブルファイト──からのテイクダウンを決める。

残り40秒で間合いを取り直したトーレスは、シャリポフのダブルレッグで背中からおとされたが、同時にリバーサルを決めてトップへ。最後はジャンプしてパスを狙うなど、印象を残す動きまで見せて試合を締めくくった。結果、48-47が2人、49-46が1人という裁定でトーレスが、キャリア5戦目でタイタンFC二階級制覇を成し遂げた。

「僕はチャンプ・チャンプだ。UFC、一体何を求めているんだ? ラッキーパンチで初回はダウンを喫したけど、ジャブとエルボーで挽回して、5Rはテイクダウンも奪った。ダナ・ホワイト、ショーン・シェルビー、アマチュアMMAで2度世界王者になった。これで13連勝だ。誰も成し遂げたことがなかったタイタンFC二階級制覇もした。デメトリウス・ジョンソンと僕が戦ったら、どうなると思う? これで、もうトップ10だろう。両方とも拳をやっちゃったけど、治ればすぐに戦える。7月のコディー・ガーブラントとTJ・ディラショーが戦う大会に参戦したい」とトーレスは猛烈アピールをした。

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie