この星の格闘技を追いかける

【UFC211】ケイシーが蹴り上げを有効利用し、アギラーに寝技許さず判定勝ち

<女子ストロー級/5分3R>
コートニー・ケイシー(米国)
Def.3-0:30-27.30-27.30-27
ジェシカ・アギラー(米国)

メキシコ系のアギラーに大きな声援が集まる。長身のケイシーがワンツーを振るって前に出る。しかし、アギラーのローでバランスを崩す。飛び込もうとしたアギラーは蹴り上げを受けるも、トップをキープ。ケイシーは草刈りスイープでスタンドに戻ると、再びリーチを生かして連打を打ち込む。アギラーの前進もバックステップから右を当てるなどケイシーは優勢をキープし、右を打ち込む。シングルレッグでテイクダウンを奪ったアギラーは、足を捌くのに苦慮し寝技に持ち込めない。

それでも飛び込んだアギラーはガードの中に納まり、レフェリーがブレイクを命じる。試合がスタンドに戻ると、アギラーは一気に距離を詰めるが自ら離れ、ロー、右ストレートを打たれる。左右のパンチを振るいながら、当てるのは右フック、右アッパーのケイシーは離れ際に左ハイを狙う。連打で詰めたケイシーは、ラウンド終了と同時に右を被弾してダウン──憮然とした表情を浮かべた。

2R、ワンツーから左ヒザを決めたケイシーは、足を掴まれ倒されるも前蹴りでアギラーを攻めさせない。ヒザを突いたアギラーだが、足を戻され寝技を続けることがままならない。ヒザを蹴り抜くケイシーに対し、アギラーもローを蹴っていく展開に。

ブレイクで試合がスタンドに戻ると、ケイシーが左ボディを入れる。アギラーもショートの連打で前に出るが、自ら離れて右を被弾する。アギラーは右ローにテイクダウンを合わせるも、またも前蹴りの餌食に。真正面、軸を切らないアップキックにもアギラーの頭が下がっており、ダメージを蓄積していく。距離を詰めたアギラーにヒザ十字を狙ったケイシーだが、この距離はアギラーのモノ。鉄槌を落として、ついにハーフガードの状態に持ち込む。しかし、残りタイムは15秒──アギラーは効果的な反撃はできなかった。

最終回、ワイドスタンドからワンツーを振るい、左ミドルにつなげるケイシー。アギラーは右オーバーハンドを返す。組んだアギラーだが、ケイシーは体を入れ替えてケージに押し込む。仕方なく離れたアギラーは首相撲からエルボーを被弾する。大量の鼻血を見たアギラーはケージに押し込まれ厳しい局面が続く。

組み合いのなかでショートの連打を繰り出したケイシーが、アッパーをヒットさせる。アギラーの突進もケイシーは首相撲&ヒザ蹴りを迎え撃ち、離れて左ジャブと攻勢を続ける。アギラーはシングルでテイクダウンも、ケイシーがすぐに立ち上がる。アギラーは最後にワンツーから前に出て反撃に移ったが時すでに遅し、フルマークでステイシーが判定勝ちを手にした。

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie