この星の格闘技を追いかける

【UFC ESPN01】真っ向勝負のケイシーに、真っ向勝負をさせなかったカルヴィーロが判定勝利

<女子ストロー級/5分3R>
シンシア・カルヴィーロ(米国)
Def.3-0:30-27.29-28.29-28
コートニー・ケイシー(米国)

地元ケイシーに大きな声援が集まる。左ジャブを伸ばすケイシーはカルヴィーロのテイクダウンを切るが、そこからの流れでヒザ蹴りを受ける。左ロー、そして左ハイと蹴りを見せるカルヴィーロに対し、ケイシーはアッパーへのカウンターでオーバーハンドを打っていく。さらに細かいパンチを連打したケイシーだが、カルヴィーロが左ストレートを当て返す。

やや遠目の距離で激しくパンチを交換する両者、カルヴィーロは蹴り足をキャッチしてテイクダウンを奪うがグラウンドにはいかずにスタンドで待ち受ける。ケイシーはローを交えて、鋭いカルヴィーロのワンツーに左フックを被せていった。

2R、引き続き軽快な打撃戦が続き、ケイシーの右にカルヴィーロが右エルボーを合わせようとする。動きが直線的なケイシーに対し、柔らかな動きを見せるカルヴィーロが組みから打撃につなげようとする。と、蹴り足をキャッチしてバックに回ろうとしたカルヴィーロと、胸を合わせたいケイシーのせめぎ合いに。

ここはケイシーが正面を向き、カルヴィーロが距離を取り直す。カルヴィーロは蹴りを掴んでニータップにつなげるカルヴィーロが、ワンツーをヒットする。重い右ローを入れたケイシーは、スイッチを繰り返しステップを多用するカルヴィーロになかなかパンチを当てることができない。ローにはニータップ、もしくはオーバーハンドを合わせていくカルヴィーロが最後に右を当ててラウンドを締めくくった。

最終回、ハイを見せたケイシーだが距離が遠い。迎え撃つスタイルでカルヴィーロを捉えることは難しく、プレッシャーを掛けたい。その圧力をすかす動きのカルヴィーロは、組んでケージにケイシーを押し込む。離れた両者、カルヴィーロがここでも蹴り足を掴んでドライブする。足を離し、距離も取り直したカルヴィーロがスーパーマンパンチ、ケイシーが右ローを蹴る。ケイシーが前にでてワンツー、あくまでも剛のファイトを続けるケイシーは、カルヴィーロが連打でくると受け止めて打ち返す。ケイシーの左にカルヴィーロが右を合わせる。最後の10秒は足を止めて打ち合った両者、ジャッジは当然のようにカルヴィーロを支持した。


PR
PR

関連記事

iSMOS01

Movie