この星の格闘技を追いかける

【Pancrase285】上田将勝、ノンストップ・ハイブリッドMMA戦でヘンリーに粘り勝ち!!!

<バンタム級/5分3R>
上田将勝(日本)
Def.3-0:29-28.29-28.29-28
ビクター・ヘンリー(米国)

素早い右フックを見せた上田。ヘンリーは右ミドル、右ローを繰り出す。上田も左ミドルを放ち、ローにダブルレッグを合わせてテイクダウンを奪う。背中をつけたヘンリーは、オモプラッタから三角絞めへ。腕を送られないようヒジを張る上田は、ヒザで尻を押してクラッチをルーズにしていく。頭を抜いた上田が足を一本抜いて、続いてパスから上四方、一気に腕を取りに行く。反応して立ち上がったヘンリーが、ダブルレッグをスプロールし初回が終了。3‐0でヘンリーのラウンドに。

2R、左を振るい、ヒザで前に出たヘンリーに組みついた上田が大内刈りでテイクダウン。首を固めてパスした上田はがぶってバックに回る。サイドバック&襷から、胸を合わせたヘンリー。上田は左を当ててシングルレッグ、切ったヘンリーが鉄槌を落としてバックを伺うと、得意の巻き込みを上田が狙う。そのままアームロックの形に入った上田だが、バックを譲らず自分の形に入れるか。

しかし、残り半分となった時点でヘンリーが両足をフックさせる。手首を掴んで胸を合わせた上田がトップを取り切る。ヘンリーのヒップスローのような動きを潰した上田は、オモプラッタに入らせないように腰をコントロール。ここからパスに成功した上田はバックに回ってワンフック、そのままRNCへ。腰をずらし頭を抜いたヘンリーがダックアンダーからトップを取り返したところで、タイムアップに。この回は3‐0で上田が制した。

最終回、左から右を当てた上田。ヘンリーも左を当てるが、上田がスッと沈み込むようにシングルからバックに回り込む。ここもワンフックでバックを制した上田がフェイスロックを狙う。フックした足が下で逆のようにも見えたが、ツイスターポジションで捻りを加えた上田は、胸を合わされることなく立ち上がり際にも背中に着く。

ヘンリーが胸を合わせてくると離れた上田が、ワンツーを入れ左ミドル。続く、シングルを切ったヘンリーがバックを伺うが、頭を入れた上田は立って離れる。即、シングルに出た上田がリフトアップ、ヘンリーが横三角を狙うも、着地してボディにヒザを入れる。

残り1分45秒、立ち上がった上田がシングルからボディロック。ヘンリーのテイクダウン狙いを潰して、ケージに押し込んだ上田ががぶる。頭を起こしたヘンリー、離れた上田を追いかけて組むや一気に反り投げを決める。スイープからスクランブル、シングルレッグで尻餅をつかせた上田が終了直前にパスしてサイドへ。

ジャッジの裁定は3者とも29-28で上田に。激戦ノンストップ・ハイブリットMMAを上田がレスリング&柔術で制した。上田は四方に頭を下げて、デカゴンを下りた。


PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie