この星の格闘技を追いかける

【Pancrase285】仙三、元UFCファイター=マツダに競り勝つ

<フライ級/5分3R>
仙三(日本)
Def.3-0:29-28.29-28.29-28
タテキ・マツダ(日本)

左右に回るマツダ。仙三は右ローを蹴っていく。スイッチを織り交ぜて戦う仙三に対し、マツダも左ハイを繰り出す。仙三は大きな右のフックでバランスを崩す。右を避けて組んだマツダだが、ヒザ蹴りを腹に受ける。マツダは右ローを走らせ、右を伸ばす。距離間を掴んだが、遠い距離から右オーバーハンドを当てたマツダが、右ミドルを蹴る。仙三は左ジャブを当てて、前に出るとスイッチして右の前蹴りを繰り出す。

マツダは右ロー、右オーバーハンドも、仙三の動きに合わされているか。残り80秒で右を当てた仙三だが、マツダも右から左フックを打ち込む。首相撲でのヒザの蹴り合いが続き、離れた仙三が右ローを入れる。ジャッジの裁定は2-1で仙三がリードした。

2R、重い右ローを入れ回転バック拳を狙った仙三に、マツダは左ローを返す。飛び込んで左フックを打ち、そのまま走り抜いた仙三だが、マツダはダブルレッグから尻餅をつかせる。ケージを背にした仙三が立ち上がって離れる。マツダは右ローを蹴り込むと、仙三の動きが一瞬止まる。マウスピースを吐き出した仙三、戻されて右を思い切り振るうも空振りに。

前足を入れ替え、構えを変える仙三にマツダもスイッチして左ミドルを蹴る。後ろ回し蹴りの蹴り終わりに右フックを当てたマツダは、左ローで仙三の体がよれる。右が交錯し、マツダは左目尻をカット。組まれた仙三はエルボーを入れた。この回はジャッジ2人がマツダ、1人が仙三のラウンドとした。

最終回、スコアは全く読めず必勝となる5分間。マツダは右ローを2発、左ローを続いて入れる。仙三は左ジャブをダブルで伸ばすが、やや上体が乱れるようになってきた。それでも右クロスを当てた仙三、マツダは左フックを入れる。ならばと、仙三が右ストレート、マツダがワンツーで前に出て右オーバーハンドから組み付くが、崩れて尻餅をついてしまう。

すぐに立ち上がったマツダだが、仙三が勢いよく左を振るって前へ。マツダはこれを迎え撃って右フックを狙う。マツダは左を当て、仙三が右を返す。仙三はダブルレッグ切ってヒザ蹴り、そしてヒジを打っていく。右を当てた仙三、マツダはヒザも被弾しそうになる。最後の1分、飛び込んで際に肩パンチのような形のになった仙三が、右を2発入れ、離れて右を打ち込むと、マツダが後方にバランスを崩す。

立ち上がったマツダが右フックを空振り、仙三が左を入れて試合終了を迎えた。ジャッジ3者とも29-28で仙三が逆輸入、元UFCファイターに勝利した。


PR
PR

関連記事

Tokyo Int JJC

Movie