この星の格闘技を追いかける

【UFC208】モハメッドがブラウンの制空権を崩して判定モノに

<ウェルター級/5分3R>
ベラル・モハメッド(米国)
Def.3-0:30-27.30-27.29-28
ランディ・ブラウン(ジャマイカ)

左ローを見せるモハメッドに対し、長身&リーチで優るブラウンは左ジャブを伸ばす。モハメッドは左フックを当て、右を振るって前に出る。ブラウンは右ストレート、続いて左ジャブをヒット。さらに左ジャブをダブルで入れる。前に出てもブラウンが離れるために、パンチが当たらないモハメッドはヒザを受けそうになる。左ジャブ&右ローで制空権を作るブラウンに対し、どうにもモハメッドのパンチは届かない。頭を振って前進し、ついにモハメッドが左ボディフックを当てる。ワンツーから前に出るが、ここは一歩足らない。それだけブラウンが自らのレンジを頭に入れて戦っているということだろう。

2R、右ロー&左ミドルハイを繰り出すブラウン。さらに右前蹴りをビーンと伸ばす。ローの数も多いブラウンだが、これをチェックするモハメッドがワンツーを振るいながらついに組みつくことに成功する。バックに回り、さらに正面からダブルレッグを狙うも、ブラウンは倒れず離れる。続くパンチの交換で目を押さえたモハメッドは、ヒザ蹴りに組みに行くと両ワキを差し、ブラウンが差し返してくるところでダブルレッグに移行する──が、ここもブラウンは反応して倒れることはない。

両者は離れると、ブラウンは引き続き左ジャブ。モハメッドは空振りでもパンチを見せて前に出続け、ついに残り1分でテイクダウンに成功する。すぐにバックに回ったモハメッドは両足をフックして、パンチを入れる。前方を落とされないよう鉄槌を連打したモハメッドが終盤のインパクトでこの回を取ったか。

最終回、モハメッドが右ロー、ブラウンはパンチを3発続ける。そのブラウンの前蹴りが急所に入っても、我慢の表情でブレイクを要求しないモハメッドはクリンチからダブルレッグでテイクダウン。足をきかせるブラウンが腕十字を仕掛けると、腕を引き抜いたモハメッドがパンチを落とす。

ブラウンの立ち上がり際にバックを取ったモハメッドが両足をフックして、パンチを後方から入れる。ヒザをついたブラウンが、ついに仰向けになり、モハメッドがRNCを仕掛ける。残り1分を切り、バックマウントをキープできているモハメッドはツイスターポジションに近くなる。

ブラウンはここで胸を合わせて、起き上がるとパウンド。モハメッドが上体を起こしてシングルへ。ブラウンが切ったところでタイムアップに。最後のパウンドと、バックマウントをどうジャッジが評価するか。

結果、初回もモハメッドとしたジャッジが2人おり、3‐0でモハメッドがブラウンを破った。


PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie