この星の格闘技を追いかける

【UFC208】憂流迦、最終回の猛攻及ばずヘイスに0-3の判定で敗れる

<フライ級/5分3R>
ウィルソン・ヘイス(ブラジル/5位)
Def.3-0:29-28.29-28.29-28
佐々木憂流迦(日本)

チョビ髭をたくわえ余裕の表情を見せるヘイス。流れたものの王座挑戦権を獲得した自信か。コール時にヘイスに近づき、インスペクターに制された憂流迦。左ジャブを伸ばす憂流迦が右ミドル、ヘイスのショートから組みを切って前蹴りを入れる。ヘイスは左フックを当て、間合いを取る。続いて右ローを入れたヘイスに憂流迦が右を2発当てる。リーチを生かしてパンチを伸ばす憂流迦からテイクダウンを奪ったヘイスだが、キムラからスクランブルでスタンドに戻る。

前蹴りとジャブ、右のロングアッパーを繰り出し笑顔を見せる憂流迦が右を当てる。ヘイスは左を見せてダブルレッグで2度目のテイクダウンに成功する。憂流迦のキムラを防ぎ、パスを狙うヘイスはハーフで抑えて、ヒジを押し付ける。クローズドの憂流迦に左のパンチを落とすヘイスだが、ダメージのある攻撃ではない。ヘイスが細かいパンチを落としヒザで臀部を押して、ガードを割りにかかる、残り10秒で立ち上がった憂流迦──ポイントを失ったかもしれないが、打撃で勝機を切り開いている。

2R、右ジャブを伸ばす憂流迦にヘイスの右フックが当たる数が増え、直後にテイクダウンがまたも決まる。足を抜いてマウント、バックを取ったヘイス。やや乗り過ぎているので、憂流迦としては仰向けにならず前に落としたい。胸を合わせてトップを取った憂流迦に対し、ヘイスは潜りスイープからスクランブル。

スタンドに戻ると、憂流迦のテイクダウン狙いをスプロールしてがぶり、バックへ。一度離れながら、憂流迦の反応が遅れると即バックを取り返したヘイスがバックマウントからRNCへ。ネックロックのようにアゴの上から絞めるヘイスは、RNCと肩固めのコンビネーションで攻める。四の字フックで背中を反らせて攻めるヘイス、憂流迦は懸命に耐え残り1分に。頭を上部にずらし、スクランブルに持ち込んだ憂流迦はスタンドに戻る。ここでパンチが荒くなり、憂流迦はテイクダウンを取られた。

「右でも左でも良いからしっかり蹴れ、相手のパンチモードになっているから入られる。入らせるな」というセコンドの指示を受けて、憂流迦は最後の5分に。右ミドル見せた憂流迦にヘイスの右フックが当たる。オーソで構えた憂流迦は、ケージに押し込まれるが、ここは倒れない。

憂流迦は右ミドルハイからヒザを繰り出し、ヘイスのテイクダウンを切る。さらに右ハイを繰り出したが、右を被弾し下がったところでヘイスがシングル、ダブルに切り替えテイクダウンに成功する。背中を譲り、キムラで立ち上がった憂流迦に対し、ヘイスは正面に回り込もうとする。

憂流迦はもう一度バックに戻ったヘイスのグリップをはがして離れる。直後にヘイスは憂流迦の右にダブルレッグを合わせ、バックへ。前方に落ちたヘイスのバックを取った憂流迦はバックマウントへ、RNCを狙いつつエルボーを連打する。

さらにパンチの連打を繰り出す憂流迦だったが、ヘイスがRNCのディフェンスのみに専念しタイムアップを迎えた。終盤の猛反撃も及ばず、憂流迦は0-3で敗れた。


PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie