この星の格闘技を追いかける

【UFC】2017年を廣田瑞人に聞く<02 >「スワンソン、ドゥホ、上の方とどこまでできるのか楽しみ」

Mizuto Hirota【写真】2017年の廣田は、どこまでステップアップを果たすことができるか。朴訥な彼は決して能弁ではないが、期待値が上がる言葉が聞かれた(C)MMAPLANET

待望のUFC初勝利を昨年12月に挙げた廣田瑞人インタビュー後編。コール・ミラーという決して楽でない相手からしっかりと──手堅く勝利した廣田の2017年の目標とは。

勝利を重ねた末にトップへ行くために戦いたい相手として、廣田は旧友カブ・スワンソンの名前を挙げた。

<廣田瑞人インタビューPart.01はコチラから>


──今、UFCはリリースの嵐が吹き荒れるのかという状況ですが、求められている部分は分かりやすい試合になってくるかと思います。

「面白い試合はしたいんですけど、取り敢えずは勝たないと。ただ、自分の場合はRoad to UFCからの契約なので、他の選手と契約形態が違っていて……。契約試合数が違うので、堅い試合でも勝っておけばというのはあります。安心はできないんですけど……」

──強い選手に手堅く勝つ。それは完全に試合をコントロールするということですから、本当に難しいことです。その自信があるということですね。

「う~ん、まぁ自分が上の方とどこまでできるのかっていうのは楽しみでもあります。もう5年も前ですけど、ジャクソンズMMAにいってもそんなにやられなかったですし。

ディエゴ・ブランダォン、ドナルド・セラーニ、カブ・スワンソンとかいて。ブランダォンにはテイクダウンされなかったですし、セラーニは……一番強かったです、アレは(笑)。スワンソンにもそれほどやられなかった。

練習は練習なんですけど、最初は『アイツ、誰だ?』みたいな感じから、『あの日本人、なかなかやるな。強いな』って風に言われるようになったので、やはり自信にはなりました。

MMAも進化していますけど、自分も成長していますから。全体的に伸びたし、植松(直哉)さんから教わった部分は大きいです」

──個人的には廣田選手のバックコントロールの巧さに驚かされました。

「バックに限らず、ポジションキープができるのは大きいかと思います。パウンド有りとグラップリングの寝技は全然別モノで、上にいる時も自分が殴ることができるポジションにいると大丈夫だという感覚はあります。最悪、立てば良いので(笑)。スタンドでもやり合えるだろう──とは思っています」

──その言葉を聞かせてもらった限り、今年はトントン拍子にランクを上げていってほしいです。

「まぁ年齢も年齢なので、そこはそうしないとダメだと自分も考えています」

──そのためにも、コイツを今年中に食いたいという相手はいますか。

「誰だろうなぁ……一番良いのはカブ・スワンソンですよね」

──今、一番ターゲットとしたいファイターの一人ですね(笑)。

「けっこう良いヤツなんで……、仲良くなってしまったんですけど……」

──いや、自分が上に行くためなら全く平気じゃないですが、ブッ飛ばすのも。TV番組で仲良かった人を殴って、勝ちがってきたわけじゃないですか(笑)。

「そうスね(笑)。試合になればやります。ただ、スワンソンの方が『なんで、廣田と?』と言われるぐらい、先を行っているでしょうし、そこに行くためにこれからの試合が落とせないです」

──スワンソン戦を早期実現するために、コイツを倒そうと言うのは?

「どうなんですかね……やっぱりチェ・ドゥホとかになってきますかね。俺はあんな試合はできないですけど。よく、あれで組みに行かないなっていうのはあります。もっとスマートに……やり方はあるはずですからね」

──そこをあの強烈な打ち合いをして、敗れてなお評価を落とさない。それでもダメージの蓄積が心配なファイトをしています。

「チェ・ドゥホがあの試合をするのは分かるんです。あれが、彼の勝つスタイルだから。でも、スワンソンは分からない。もっと色々とできるのに。きっとオッズでアンダードッグになっていたから、『舐めんじゃねぇ』って怒っていたんじゃないですかね」

──それでやり通して勝ってしまう(苦笑)。いやぁ、UFCで勝ち上がることの厳しさを痛感してしまいます。廣田選手の2017年が、その戦いにどこまで肉薄できるのか。期待しています。

「できれば今年は3試合、倒して、殴って勝ちます。頑張ります」

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie