この星の格闘技を追いかける

【Bellator171】ポイントメイクもしっかり。AJ・マッキーがBOXに強いフィリップスに判定勝ち

<フェザー級/5分3R>
AJ・マッキー(米国)
Def.3-0:30-27/29-28.29-28
ブランドン・フィリップス(米国)

飛び込むようにサイドキック、さらに前蹴りを見せるマッキー。スピニングバックフィスト、スピニングバックフィストと回転系の技を織り交ぜる。軸が乱れず、その後の姿勢がしっかりしているためにフィリップスが攻撃に出ることができない。それでも右ジャブにフィリップスも左を返していく。ロングジャブを走らせるマッキーに対し、距離が近付くとフィリップスも右フックを振るう。

そのフィリップスの左ジャブが伸びると、マッキーは前蹴りでさらに遠い距離を築き、右ロングフックを狙う。フックの応酬でマッキーのローが急所に入り、試合が中断。すぐに試合は再開されマッキーがサイドキック、フィリップスは右ローを返す。蹴り技にも果敢に右を合わせていくフィリップスもパンチに切れがある。構えをオーソにしたマッキー、サウスポーに戻したところで前に出ると、フィリップスが右フックを当ててラウンドを締め括った。

2R、フィリップスのローに右ストレートを当てるマッキーは、下から右を伸ばしていく。フィリップスは左ローを入れるが、パンチは届かない。と、マッキーが踏み込んで左ハイを蹴り込んでいく。左ミドルハイでフィリップスの上体を反らせるマッキーも、打撃に特化してテイクダウンを狙う素振は見せない。

フィリップスは右ジャブに右をカウンターで当てるなど、近距離での強さを見せる。フィリップスの左にようやくダブルレッグを合わせたマッキーだが、スプロールされる。気持ちで押されないフィリップスに対し、マッキーの方が逆に精神的に疲弊してくる可能性もある。終盤にワンツーを当てたフィリップスが前に出る姿勢を見せ、ラウンドを取り返したか。

最終回、笑顔を見せる両者。マッキーのサイドステップにフィリップスが右ボディストレートを2つ入れる。左ミドルを返したマッキーだが、ケージ背負うシーンが多くなってきた。右を伸ばして距離を詰めるフィリップスだが、マッキーがダブルレッグを決めてテイクダウンに成功する。左腕を差してスイープに成功したフィリップスがスタンド戻る。

マッキーの左ハイにフィリップスが右を伸ばすと、これが急所へ。マッキーは前蹴り2つで距離を作ろうと試みるも、フィリップスは前に出る。そこに左ミドルハイを放つマッキー。フィリップスは右ストレートを放って、ワンツーからテイクダウン狙いを切る。組みにも対応したボクシングを駆使するフィリップスをマッキーはサイドキックで突き放そうとする。残り1分を切り、振りが大きくなったフィリップスに蹴りを入れ、テイクダウン。完璧なポイントメイク、頭脳プレイも見せたマッキーが3‐0の判定勝ちを収めた。


PR
PR

関連記事

MW

Movie

TF ONLINE

ONE DAY