この星の格闘技を追いかける

【RFC34】アラテン・ヘイリ、前フライ級王者チョ・ナムジンに優勢のドロー。中国の成長明らかに

LINEで送る
Pocket

<フライ級挑戦者決定戦/5分3R>
アラテン・ヘイリ(中国)
Draw.
チョ・ナムジン(韓国)

チョ・ナムジンの左ローにヘイリが右フックを振るっていく。右から左を打ちながら前に出るヘイリ。互いに前の手を出して距離を測る展開が続き、ヘイリの右がチョ・ナムジンの顔面を捉える。再び右を入れたヘイリに対してチョ・ナムジンのフックは荒く伸びがない。的確に右を当てるヘイリは、2度に渡りチョ・ナムジンの組み狙いを切る。

チョ・ナムジンは左ローを当たるが、パンチでヘイリが明らかに優勢だ。スピニングバックフィストは空振りに終わったヘイリだが、ワンツーから前に出る展開を繰り返し、ヒット数で上回った。

2R、右ジャブから左のフェイク、ヘイリの前進に距離を取ったチョ・ナムジン。距離ができるとヘイリがスーパーマンパンチでダウンを奪う。パウンドを受けながら左を差して立ち上がったチョ・ナムジンが左を伸ばす。試合はケージ際のクリンチ戦に転じ、ヘイリがチョ・ナムジンを押し込む。ブレイク後、チョ・ナムジンが左ローから左ハイ、パンチのラッシュを見せるもヘイリが上手く距離を取る。左の蹴りで圧力を掛けるチョ・ナムジンが左オーバーハンドを当て、右につなげる。ヘイリも打ち返し、ダウンを奪ったヘイリが試合をリードした。

最終回、チョ・ナムジンは左ハイから左ロー、続いて右サイドキックで関節を狙う。ワンツーを伸ばしたチョ・ナムジン、ヘイリはパンチ一本で明確なポイント狙いを続ける。続くケージ際の攻防でヘイリのヒザがチョ・ナムジンの急所に当たりブレイクが命じられる。同じポジションで試合が再開し、ヘイリの押し込みが続く。ヘイリはそのままテイクダウンを奪い、チョ・ナムジンはギロチンからスイープ狙いも潰され、シングルでスタンドへ戻る。

テイクダウン狙いからバックに回ったチョ・ナムジンに、ヘイリが後方へのエルボーを使い注意が入り。細かいパンチを打つチョ・ナムジンだったが、ヘイリは胸を合わせて離れる。右を打ちあった両者、残り30秒となりヘイリのシングルレッグにチョ・ナムジンはギロチンを極めることができない。スクランブルからチョ・ナムジンをケージに押し込んだヘイリは、このままの態勢にタイムアップを迎え結果はドローに。

前フライ級王者からダウンを奪い、組みの攻防でもリードしたと思われたが、勝負は痛み分けに。次期王座挑戦者は極まらず、それでも中国進出1年からチョ・ナムジンと引き分ける選手が現れたことは中国の成長を如実に表している。


PR
PR

関連記事

Movie