この星の格闘技を追いかける

【Pancrase280】打撃、組み、削り合いは中原が横山を2-1で下す

<フェザー級/5分3R>
中原由貴(日本)
Def.2-1:29-28.29-28.27-30
横山恭典(日本)

右ロー、右ストレートを伸ばす横山、左ローを返す中原。横山の右をかいくぐって組みついた中原は、一度は逆にケージに押し込まれたがすぐに体を入れ替える。横山は再度、体を入れ替えたものの中原が払い腰でテイクダウンに成功しハーフへ。立ち上がって離れ際に左を伸ばした中原は左ミドル、タカハシが右ローに続き右ハイを放っていく。横山の右で一瞬動きが止まった中原は腹を蹴られ、パンチから組みへ。ここでも逆にテイクダウンを仕掛けた横山がスクランブルからバックへ。中原は胸を合わせて、金網に押し込みつつヒザ蹴りを繰り出す。体を入れ替える展開が続き、離れたところでタイムアップ。中原が2-1とした。

2R、中原の左脛に流血が見られドクターチェック。横山は右ハイ、勢いで負けまいと中原が組みに。離れた横山は右ミドル、両者手数が少なくなる。組みにいく中原に右フックを入れた横山は組んでケージに押し込む。離れて右ミドルをまた入れた横山に中原の右フックがヒット。そのまま押し込んで右エルボーを打っていく。体を入れ替えて離れた横山は右を空振り、近距離で名原の右が顔面を捉えた。このラウンドは横山が逆に2票、中原が1票となった。

最終回、ワンツーを振るって組んだ中原は、体を入れ替えられ払い腰でテイクダウン。上を取り返した横山に対し、中原が三角も担がれて防がれる。直後のスクランブルでバックコントロールにあった横山が腿にヒザを蹴っていく。中原はスイッチでバックを取り返しにかかり、察知した横山が離れる。中原は右を当て、横山は右ミドルを返す。ならばと左ローの中原がパンチで前に出て、組みに来た横山をがぶってバックを狙う。譲らなかった横山がケージに押し込む、残り40秒になりケージ中央で向かい合う両者、なかなか踏み込めずローを押収から中原が左をヒット。横山も蹴りを返すが、拳の圧力は中原が終盤は上回っていた。

結果、中原がスプリット判定をモノにした。

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie