この星の格闘技を追いかける

【Shooto】祖根寿麻、修斗初戦で土屋から2度ダウン奪いアップセット起こす

<フェザー級(61.2キロ)/5分3R>
祖根寿麻(日本)
Def.3-0:30-27.30-28.30-28
土屋大喜(日本)

HEATを主戦場にし、Tenkaichiバンタム級王者の祖根が修斗初出場。まずは左ジャブを見せた土屋。祖根はローを返す。頭が当たり、試合が中断。土屋が頭部をカットしたか。再開後、土屋が重い右ローを蹴りが、祖根は右に続く左フックでダウンを奪う。立ち上がった土屋は右ロングから間合いを取り直し、右ロー。祖根のシングルを切って、右ローを続ける。土屋は前蹴り、祖根は左フック。細かいフェイク、角度を外す土屋に対し、祖根は右エルボーを空振りする。

残り1分、ローを入れた祖根に土屋がスーパーマンパンチを見せ、スピニングエルボーを放つ。祖根は左ミドルハイを放つも、左ボディフックを被弾。これはやや効いたか。ダウンを奪った祖根が初回を取ったが、土屋も攻め込まれるというラウンドではなかった。

2R、祖根が左フックから右ロー。小刻みに動きを続ける土屋に、祖根は右ボディストレートを伸ばす。土屋がサウスポーに構えると右ハイを見せた祖根は、パンチが大きくなる。と祖根はシングルからバックに回り、胸を合わせてボディロックからテイクダウン。土屋は直後に立ち上がったが、ボディロックからバックを許すと、再び尻餅をつかされてしまう。

スイッチ狙いからスタンドに戻った土屋は左ボディフック。続いて組みに行ったが祖根が体を入れかえて両差しで押し込む。エルボーを見せて離れた土屋は、接近戦で右エルボー。ステップを多用する土屋は足の裏を気になる。待ちの態勢の祖根も左フックが決まらず、クリーンヒットがない5分となった。


3R開始直後に土屋が飛びヒザを見せるも、距離が合わない。互いにスイッチを見せ、フェイクを仕掛け合う。祖根は左フックをヒットさせ、土屋は左ミドルを蹴っていく。ハイからローとスピードが上がった土屋に対し、祖根は距離を詰めることがなかなかできない。右を入れた土屋、祖根は右ローを蹴り込む。ケージを背負う祖根は右を受け、右を返す。土屋は右アッパー、プレッシャーを強めるがあと一歩詰め切れないか。

残り2分半を切り、土屋は左ミドル。祖根は右ロー。土屋はシングルレッグのフェイントを見せた直後に右ハイでダウンを喫する。左目尻をカットした土屋は立ち上がってパンチ、そしてエルボーを狙う。祖根も打ち合いに応じ、ヒザ蹴り受けそうになる。祖根の右ハイが土屋の顔面を掠め、残り20秒で土屋はダブルレッグへ。スクランブルから立ち上がった祖根、試合終了と同時に勝利を確信し笑顔を浮かべて、ハイキックのデモンストレーションを見せた。

修斗初陣で土屋を破り、金星を挙げた祖根は「東京の皆さん、僕の名前を覚えてください。修斗をかき回そうと思うので、修斗の皆さん待っておいてください」とコメントした。

PR
PR

関連記事

大会予定(現地時間)

Arzalet

Road FC43

Movie