この星の格闘技を追いかける

【TUF23】アンドリュー・サンチェス、盤石のトップコントロールでTUF23ライトヘビー級制す

<TUF23ライトヘビー級T決勝/5分3R>
アンドリュー・サンチェス(米国)
Def.3-0:30-25.30-25.30-26
カリル・ラウントリー(米国)

サウスポーのラウントリーにサンチェスが右ハイを放つ。スイッチを見せて、即ダブルレッグを仕掛けたサンチェス、ラウントリーはスプロールして右ジャブを伸ばす。サンチェスは続くシングルでテイクダウンを奪うと、ラウントリーが懸命にケージ際に移動する。ラウントリーの立ち際にボディロックからバックを制したサンチェスが、正面に回りながらもう一度尻餅をつかせる。

ラウントリーは立ち上がっても、すぐにダブルレッグで倒され厳しい状況が続く。左腕を取ってバックに着くサンチェスは右の拳を後方から当てていく。背中をつけず、背中も譲らずにケージに寄り掛かるラウントリーだが、ディフェンスで手一杯。残り1分を切ったところでラウントリーは立ち上がり、続くダブルを切って離れることに成功する。しかし、サンチェスは直後にダブルレッグに成功し初回を文句なしにモノにした。

2R、肩で息をするようになったサンチェスのテイクダウン狙いを切ったラウントリーが左フックを当てる。サンチェスはシングルレッグからダブルレッグに移行し、さらにシングルに切り替えるがテイクダウンを奪えない。それでもバックに回り、ケージに寄り掛かろうとしたラウントリーの動きを利用してテイクダウン。ケージにラウントリーを押しつけて顔面にパンチを打ちつけていく。

右手でラウントリーの左手を引き寄せていたサンチェスが、これを外してパンチに転じる。立つこともできず、ガードにも戻すことができないラウントリーは、サンチェスの右のパンチを被弾し続けた。


最終回、ラウントリーは左ハイを放ち、前に出る。右ハイを空振りしたサンチェスのダブルレッグを切ったラウントリーは、続くシングルに鉄槌&パンチを振り落す。しかし、ケージに押し込まれ大内刈りでテイクダウンを奪われてしまう。背中をマットにつけたラウントリーは、クローズドガードを取る。ガードが割れ、右足を畳み、ラウントリーの左足を抑えてながらサンチェスがパンチを入れる。

ここを跨ぎハーフを取りに来たところで、ラウントリーが起き上がろうとしてバックを許しそうになる。ケージを第二のマットにしたように安定のトップキープを見せるサンチェスに対し、ラウントリーは逆転どころか立ち上がることもままならない。後方からヒジを入れるようになったサンチェス。結局、ラウントリーはスタンドに戻れないままタイムアップを迎え、サンチェスがTUF23ライトヘビー級ウィナーとなった。

PR
PR

関連記事

大会予定(現地時間)

Arzalet

Road FC43

Movie