この星の格闘技を追いかける

【Bellator155】ヘビー級のベルトラン、ゴムリースプリット判定負け。下がりながら蹴りでも取れる、新事実

<ヘビー級/5分3R>
チェイス・ゴムリー(米国)
Def.2-1:29-28.29-28.28-29
ジョーイ・ベルトラン(米国)

ゴムリーが左ローから左ミドルをヘビー級としては非常に小さなベルトランに蹴っていく。蹴りを続けるゴムリーに対し、ベルトランは左ジャブを取おり見せるが、立ち上がりは慎重だ。右ローを返すベルトラン、ゴムリーは左ミドルから左ハイを狙う。ゴムリーは大振りの右オーバーハンドも距離が遠い。そのゴムリー、前に出てもパンチではなく右ローを重ねる。さらにスイッチして左ミドルを蹴っていくゴムリーに、ベルトランがワンツーで前に出る。

そのままパンチで前に出たベルトランだが、ゴムリー下がるばかりでなく踏みとどまり右を返す。ベルトランも一旦呼吸を置いてから右フック、ゴムリーは右ローを返し動きの少ない初回が終わった。

2Rもややレンジの外という距離のなか、ゴムリーが踏み込んでロー。ベルトランは初回より前に出る姿勢を見せ左ジャブ、そして右ストレートを伸ばす。ゴムリーの右ローを受けるベルトランだが、前足は殺されていないようだ。右を伸ばしたベルトランは、ゴムリーの左フックを避けると得意の右アッパーを狙う気配を見せる。ゴムリーはロー、右フックを振るって圧力を弱冠強めるが、ベルトランは構わず右をヒット。ショートのワンツーを入れ前に出るベルトラン。ゴムリーは下がりなら蹴りを見せるが、最後にパンチを纏められたラウンドを失った。


最終回、左ロー&ミドルを繰り出すゴムリーだが、ベルトランの右ストレートを受けて腰が落ちる。直後に初めて組み付いたゴムリーがバックに回って前方にベルトランを崩す。ベルトランは背中を取られたまま立ち上がると、胸を合わせて距離を取り直す。組まれたことでスタミナをロスしたか、ベルトランの前に出る勢いがやや弱まる。

それでも右フックを伸ばして右ローにつなげるも、ゴムリーはオーバーハンドを返していく。残り1分、左右のボディフックを入れたベルトランが、引き続き前に出てゴムリーが回る展開が続く。最後までこの構図が続き、何とゴムリーがスプリット判定をモノにした。

腰が落ち、下がりながら蹴りを入れる。これでラウンドが取らるなら、またも戦う選手が頭に入れないといけない裁定基準が出来上がってしまったことになる……。

PR
PR

関連記事

大会予定(現地時間)

Arzalet

Road FC43

Movie