この星の格闘技を追いかける

【Bellator155】ヘルドが巧みに足関をリバーサルとして使い、ジャンセン下す

<ライト級/5分3R>
マーチン・ヘルド(ポーランド)
Def.3-0:30-27.29-28.29-28
デイブ・ジャンセン(米国)

ローを放つヘルド、組み合いのなかで胸が合うとジャンセンが首投げからヘッドロックで固める。ヘルドはしばらく抑え込まれた後に頭を抜いて、ヒールフックからアキレス腱固めへ。立ち上がったジャンセンにダブルで組み付いたヘルドだが、上を取ることはできず離れる。続いてジャンセンの右フックにダブルレッグを合わせたジャンセンがテイクダウンに成功しトップへ。すぐに立ち上がれることができないとみたジャンセンはクローズドガード。ジャンセンはケージを背負うと、足を開いて立ち上がり、ここで初回が終わった。

2R、走り込んでヒザ蹴りを狙ったジャンセン。マットに手を着くような姿勢からヘルドが後ろ周り蹴りを繰り出す。この一発がジャンセンの側頭部をかすめ、直後にダブルレッグでヘルドがテイクダウンに成功、クローズドガードを取るジャンセンは後ろ回し蹴りで耳をカットしており、かなりの流血が見られる。ドクターチェックが入り、スタンドで再開。ヘルドが右ローを入れ、スピニングバックフィストは空振りも、続く右のフックをヒットさせる。

ジャンセンは左ボディフックを入れた直後にヘルドがダブルレッグへ。ジャンセンのノーガードギロチンも即サイドで抑え込まれ効果はない。ヘルドはエルボーを入れ、サイドにいるも係わらずヒールを仕掛ける。そしてストレートフットロックに移行し、ジャンセンはロールして逃れようとしたところで、立ち上がったヘルドが結果的に足関スイープの形でトップを取り2Rを攻勢のまま戦い終えた。

最終回、ワンツーの交換はジャンセンの右がヘルドを捉える。パンチの応酬のなかで組んだジャンセンがボディロックも逆にケージに押し込まれダブルレッグでテイクダウンを奪われる。同時にギロチンからトップを取り返したジャンセンに対し、ヘルドは前転からヒールフック、アンクル、さらにヒザ十字、ストレートアキレス、ヒールととどめることのなく次々と足関を仕掛けつつ、最後はトップへ。足関節をフィニッシュだけでなく、がトップを取るための手段として浸かるヘルドに対し、下になったジャンセンはダブルレッグへヘルドを肩に担ぎあげようとする。

自ら前方に落ちながら腕十字をヘルドが狙う。腕を抜いたジャンセンが立ち上がると、ヘルドはすかさずダブルレッグでトップを取り返す。ハーフからエルボーをボディに入れるヘルド、ジャンセンはワキを潜って立ち上がろうとするが潰され、半分背中を見せた形でパンチの連打を受けタイムアップを迎えた。結果、初回を2人のジャッジがジャンセンにつけたが、それでも3‐0でヘルドが勝利。プレリミで組まれたライト級トップコンテンダー対決をヘルドが制した。

PR
PR

関連記事

大会予定(現地時間)

Movie