この星の格闘技を追いかける

【UFN87】打撃で圧倒。組まれるとヒジ&ヒザでコバケビッチがクラークに快勝

<女子ストロー級/5分3R>
カロリーナ・コバケビッチ(ポーランド/10位)
Def.3-0:30-27.29-28.29-28
ヘザー・クラーク(米国)

左ジャブで距離を測り、右を伸ばすコバケビッチ。クラークは右オーバーハンドから左ストレートを見せる。細かいパンチから首相撲、エルボーを狙うコバケビッチは右ローを蹴り込む。クラークも右ローを返し、左ミドルを放つ。接近戦でコバケビッチは左エルボーを入れ、離れて右ボディボディストレートからショートのワンツー。クラークは右オーバーハンドを入れて組み付くも、コバケビッチがヒザを突き上げる。

ワンツーから右ハイを繰り出すコバケビッチだが、右フックを受けて顔が上がる。組みのなかでエルボーを再度使ったコバケビッチだが、パンチを見せられてから組まれる展開が続く。離れたクラークに右エルボーからワンツーを入れ、左ハイにつなげたコバケビッチ。続いてスピニングバックキックをボディに突き刺した。

2R、コバケビッチは右フックを入れ、下がったクラークに右ストレート。クラークは間合いを外すが、パンチでは劣勢となり組みへ。ボディロックから一度はテイクダウンに成功するが、すぐにコバケビッチは立ち上がりヒザ蹴り、エルボーを狙う。ケージ中央での殴り合いに打ち勝ったコバケビッチは、右を一発受けるとワンツーを打ち返す。こうなるとクラークは組みに行くが、逆にヒザ蹴りとエルボーを被弾する。テイクダウンが欲しいにクラークのクリンチにエルボーを入れ、離れてもスピニングバックエルボー、続いて首相撲からヒザとコバケビッチが一方的に攻め続ける。首相撲から引き込み、巴スイープを狙ったクラーク。トップをキープしたコバケビッチが腕十字へ。クラークが耐えラウンドが終わった。

最終回、クラークの左ハイがコバケビッチの顔面を掠める。続いて左ヒザを見せ、エルボーも果敢に見せるクラークだが、首相撲からエルボーを被弾する。クラークは両ワキを差してケージにコバケビッチを押し込むが、コバケビッチが左腕を差し返す。クラークは自ら離れたが、スピニングバックフィストを受け、首相撲からバックを許す。投げ狙いか胸を合わせたクラークだが、コバケビッチは離れて右アッパー。左ジャブから右ストレート、連打で前に出るとクラークはここでも組みつく。残り90秒、ケージ際から離れるとコバケビッチがワンツー、そして右アッパー。サークリングを駆使しつつヒザ蹴りを狙い、パンチを纏めるコバケビッチに対し、クラークは組むことしかできない。そこでもヒザ、ヒジ、離れて右ストレートを打ち込んだコバケビッチが、最後にパンチの連打を纏めて勝利を決定づけた。

結果、コバケビッチが3-0の判定勝ちをし「たくさんポーランドから応援が来てくれた。次? トップ5と戦い最終的にはタイトルに挑戦したい」と語った。

PR
PR

関連記事

Road FC45

HEAT41

Movie