この星の格闘技を追いかける

【Flash】Bellator99 フェザー級T準決勝進出者が決定!!

Justin Wilcox

【写真】左足は腫れあがり、この流血のなか逆転勝利を収めたジャスティン・ウィルコックス。マン・オブ・ザ・ナイトがあれば、確実に受賞していただろう(C)MMAPLANET

13日(金・現地時間)にカリフォルニア州テメキュラのペチャンガ・リゾート&カジノで開催されたBellator MMA 99。今大会のメインカードではシーズン9フェザー級トーナメントが開幕し、準決勝進出者4名が決まった。

3勝3敗の戦績でUFCをリリースされた後、初の試合となったディエゴ・ヌネスはパトリック・フレイレに79秒TKO負けを喫して敗退。また、今年3月にPXCフェザー級のベルトを返上しているグアム出身のジョー・タイマングロは、アンドリュー・フィッシャー相手に判定勝利を収めて準決勝進出、米国メジャー2連勝を決めている。

そのタイマングロ×アンドリュー・フィッシャーがファイト・オブ・ザ・ナイトに輝いたが、この1戦以上に会場をわかしたのが、ジャスティン・ウィルコックスの大逆転劇だった。6日前にシャムブラッド・シャムカラエフの代役出場を承諾し、初のフェザー級参戦まで24ポンドの減量を敢行したウィルコックスは、序盤からステバーニャンの打撃で一方的に攻め込まれる。2Rはローを効かされ、後回し蹴りで頭部をカットし大流血に見舞われたウィルコックスだが、直後にテイクダウンを奪うと、エスパーニャンの立ち際にバックを取り、RNCで失神に追い込み逆転勝ちを収め、大会ベストバウトのタイマングロとの準決勝を決めている。

プレリミで全米デビューを飾ったゴウイチ・ヤマウチは、ムサ・トリヴァーにテイクダウンを許したものの、直後にオモプラッタからバックを取り、RNCで秒殺一本勝ちを収めた。また、UFCベテラン同士の対決となったウラジミール・マティシェンコ×ヒューストン・アレキサンダーは、マティシェンコが判定勝ちを収め、ベラトール初陣を飾っている。今大会の模様はMMAPLANETで近日中に詳細をお届けする予定だ。

■Bellator MMA 99 主な試合結果

<フェザー級T準々決勝/5分3R>
パトリシオ・フレイレ(ブラジル)
Def.1R1分19秒 by TKO
ディエゴ・ヌネス(ブラジル)

<フェザー級T準々決勝/5分3R>
ファブリシオ・グェレーロ(ブラジル)
Def.3-0: 29-28, 29-28, 29-28
デスモンド・グリーン(米国)

<ライトヘビー級/5分3R>
ウラジミール・マティシェンコ(ベラルーシ)
Def.3-0: 29-28, 30-27, 30-27
ヒューストン・アレキサンダー(米国)

<フェザー級T準々決勝/5分3R>
ジャスティン・ウィルコックス(米国)
Def.2R2分20秒 by RNC
アコップ・ステパーニャン(ロシア)

<フェザー級T準々決勝/5分3R>
ジョー・タイマングロ(グアム/米国)
Def.3-0: 29-28, 30-27, 30-27
アンドリュー・フィッシャー(英国)

<ヘビー級/5分3R>
ブラゴイ・イヴァノフ(ブルガリア)
Def.1R1分17秒by がぶりチョーク
マニー・ララ(米国)

<フェザー級/5分3R>
ゴイチ・ヤマウチ(ブラジル)
Def.1R1分01秒by RNC
ムサ・トリヴァー(米国)

PR
PR

関連記事

Martial World

Movie

Triforce Online Jiu-Jitsu

Gokikai Karate

ONEday