この星の格闘技を追いかける

【UFC FOX19】起き上がりながらハイキックでダウンを奪ったスワンソンがディアスに快勝

<フェザー級/5分3R>
カブ・スワンソン(米国/6位)
Def.3-0:29-28.29-28.29-28
ハクラン・ディアス(ブラジル/10位)

踏み込むと見せて右に移動するスワンソン。ハクランは右を伸ばし、左フックへ。これは空を切り、右ローを蹴っていく。サウスポーを見せたハクランはすぐにオーソに戻し、そこにスワンソンが右ローを入れる。ロー、右オーバーハンド、左ミドルと遠い距離から打撃を見せるハクランはスワンソンのローに左を合わせ、さらにパンチで前に出る。対して、打って離れるスワンソンは手数が少なく映る。残り2分を切り、ハクランが左フックをヒット。さらに右前蹴りを見せる。スワンソンは左ミドルを入れると、左右のフックを振り回すも距離が合わない。最後にテイクダウンを仕掛けたハクランの手数が、後ろ回し蹴りを繰り出したスワンソンを上回ったまま、静かな初回は終わった。

2R、ハクランはローからサイドキックを見せる。しかし、スワンソンが右ローから左ロングフックでダウンを奪いパウンドを打ち込む、ガードを取ったハクランに対し、起き上がったスワンソンはローから飛び込んでハーフでトップを取る。ダメージの回復に努めるようにガードを取ったハクランが、一気に立ち上がる。スワンソンはハクランの前進をステップでかわし、右ボディを打っていく。頭を下げて左フックを振るうスワンソン、ハクランも小さなMMAグローブでブロックする。

中盤、試合はまた静かになり、スワンソンの左の前にハクランの手数が減る。真正面からのテイクダウン狙いは決まらなかったハクランは、右を当てるが、ローでバランスを崩す。すぐに立ち上がり、タッチグローブとともに右を見せたハクランはマリーシア振りを見せる。最後に組みに行ったハクランはこのラウンドを失った。

最終回、やや距離が近づきハクランが左ストレート、スワンソンも左を返す。さらに左ボディを入れると、前進に左を合わせる。ハクランは左を見切れないまま、打撃戦を続けるが、ケージに押し込んでテイクダウンという展開を見せても良いはず。ハクランは後ろ回し蹴りを防ぎ、左フックも避けるが自らのパンチも距離が遠い。ハクランは左から右、右ローを繰り出し、さらにワンツーを続ける。直後に右を入れたハクラン、スワンソンはバランスを崩しながら、起き上がり際に左ハイを入れてダウンを奪う。パウンドをまとめたスワンソンはキムラロックを振り切ってスタンドへ戻る。最後までガードを取り続けるハクランに飛び込んでパンチをまとめたスワンソンが、3-0 で判定勝ちした。

PR
PR

関連記事

大会予定(現地時間)

Movie