この星の格闘技を追いかける

【Glory28】圧力掛け、付け入る隙を与えず。ヴァーホーベンが王座防衛成功

<GLORY世界ヘビー級選手権試合/3分5R>
リコ・ヴァーホーベン(オランダ)
Def.3-0:50-45.50-45.49-46
ムラデン・ブレストバッチ(クロアチア/4位)

サウスポーのブレストバッチが左の前蹴りを軽く見せる。ローを蹴り合い、ヴァーホーベンが右ストレートでブレストバッチをコーナーに詰める。ブレイクが掛かり、リング中央で試合が再開するとヴァーホーベンは重いローを連続で入れる。ブレストバッチは左ストレートを伸ばし、続いて前蹴りを放つ。飛び込むように右ストレートからヒザをボディに入れたチャンピオンは左ミドルを蹴り込む。ブレストバッチの前進に右を合わせたヴァーホーベンは最後に左ストレートを被弾。初回は両者とも慎重の立ち上がりとなった。

2R、一気にエンジンがかかったように細かいパンチでラッシュを掛けたブレストバッチ。左から右を打ち込むと、ヴァーホーベンがクリンチへ。右ボディから右フックを放つヴァーホーベンは、右ローを続ける。ブレストバッチも左ハイを繰り出すなど譲らない。ヴァーホーベンはブレストバッチの攻撃をしっかりと見て、左ロー。ブレストバッチもショートフックを返す。ブレストバッチの左ボディフックに、ヴァーホーベンは左フックを入れるなど、差のないラウンドだった。

3R、左フック&右ローを入れたチャンピオン。挑戦者は左ハイを返す。ブロックして前に出るヴァーホーベンが右ロー、前蹴り、左フックでロープにブレストバッチを押し込む。リング中央では首相撲からヒザ蹴り、ハイキックを2度ブロックして右ローを2発入れる。飛び込んで左ヒザを入れるヴァーホーベンに対し、ブレストバッチはショートのワンツーを返す。そのブレストバッチは徐々にローが効いてきたか。動きが落ちボディを打ち抜かれると、続いて左ストレートを顔面に被弾する。ヴァーホーベンは右ミドル、左フックをヒットさせ明確にこのラウンドを取った。

4R、ブレストバッチが左ローから右を伸ばす。ヴァーホーベンはすぐに前に出てローから左ボディ、左ミドルを入れる。挑戦者の前蹴りにもヴァーホーベンは前進を止めず、ショートからローを繰り出す。手数はあるが、コーナーやロープに詰まることが多くなったチャレンジャーが、センターで左ストレートをヒットさせる。続いてワンツーからローと上下の対角線コンビネーションを見せた挑戦者。ヴァーホーベンは動きを減らした3分間となった。

最終回、ブレストバッチの右フックに右ローを合せたチャンピオン。5Rもこれまで同様に前に出て圧力を掛ける。そのプレッシャーに負けず左ハイや前蹴りを繰り出すブレストバッチだが、ロープを背負った展開が圧倒的に多い。コーナーに詰まったところでヒザを受けた挑戦者は右に回るところで追い打ちの右ミドルを被弾する。王者はヒザ蹴りから右ローと、キック版グライディング・ファイトを見せると、終盤に左ハイ。倒し切れなかったが、攻められる場面もほとんどなかったヴァーホーベンが――大きな山場のなく王座防衛に成功した。

「サウスポーを警戒し過ぎた。100パーセントで戦ったけどね」と昨年10月にMMAデビューを果たしているチャンピオンは試合を振り返った。

PR
PR

関連記事

Tokyo Int JJC

Movie