この星の格闘技を追いかける

【UFN26】ユライア、逆転判定を守備力と体力で勝ち取る

<バンタム級/5分3R>
ユライア・フェイバー(米国/2位)
Def.3-0: 30-26, 30-26, 30-27
ユーリ・アルカンタラ(ブラジル)

試合開始早々、テイクダウンからマウントを取ったアルカンタラが、腕十字へ。これを防いだユライアが足関節を狙うが、そのままアルカンタラはトップをキープし、バックマウントへ。背中を取られた状態は強いユライアだが、パンチを貰い続けるのは危ない。腹這いになったユライアは、頭の右側にあるアルカンタラの頭部にパンチを続ける。頭の位置を変えたアルカンタラは、前方に落されそうになると、ユライアが抱え上げてスラム。

トップを取ったユライアが思い切りエルボーを落す。ユライアのパンチが空振るとバックを狙ったアルカンタラだが取り切れない。エルボーを連続で落すと、アルカンタラの表情が変わってくる。引き続きエルボーを落し、呼吸を整えるユライア。左右のエルボーを続け、大ピンチの初回を(恐らくは)取り返した。

2R、左ハイを受けてバランスを崩したユライアだが、強引なダブルレッグでテイクダウンを取ると、ケージに詰めてエルボーを落し始める。パスを狙うと見せかけ、スペースを作ったユライアはアルカンタラがケージを背に起き上がろうとしたところで、強烈なヒザをボディに見舞っていく。たまらずクローズドガードを取り直したアルカンタラだが、ここでもエルボーの餌食に。体を起こして左右のエルボーを連打するユライアは、足を捌いて起き上がり際にギロチンへ。

首を抜いて引き込むアルカンタラは、左ワキを差しに行ってエルボーを側頭部に連続で受ける。続いてパンチに切り替えたユライア、アルカンタラが立ち上ると小手を決めて胸を合わせる。反り投げを潰したユライアの猛攻は続き、完全に流れを掴んだ。

最終回、勢いにのるユライアは右を打ち込みながら前進。アルカンタラの左ハイをブロックし、左ストレートにダブルレッグを合わせる。これをスプロールしたアルカンタラだが、続く左ストレートの際にバックを取られ、テイクダウンを許す。際のリバーサル狙いも潰されたアルカンタラに、再びエルボーを連打するユライア。アルカンタラのスイープ狙いを、ユライアは体重移動で潰す。残り90秒を切り、左を受け続けるアルカンタラは立ち上がるスペースを与えてもらえない。

ケージを蹴ってからの腕十字、さらにオモプラッタと最後の反撃に出るアルカンタラだったが、ユライアは反対側に回ってこれを逃れると、腹固めでアルカンタラを潰しタイムアップを迎えた。序盤のピンチを乗り切ったユライア、結果は大差の判定勝ちをモノにした。

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie