この星の格闘技を追いかける

【RFC29】がぶり&打撃で、モンゴリアン=バットムンクが判定勝ち

<ウェルター級/5分2R>
ブレンゾリグ・バットムンク(モンゴル)
Def.3-0
チェ・ウォンジュン(韓国)

韓国在住のモンゴリアン、バットムンクに対し左ローを入れるチェ。ローを返されると、右ストレートから右ボディを放つ。さらに左右のストレートから右アッパーを見せたチェがプレッシャーを強めるが、バットムンクはケージを背にした状態で首相撲からヒザを連続で放つ。チェのテイクダウン狙いを切ったバットムンクは、ギロチンから上を取ろうとする。そのままトップを取ったバットムンクは長い手を利して、強引にスクランブルを制しバックへ。チャが足を掴もうとすると再びギロチンを仕掛けた。

スタンドに試合が戻り、バットムンクは頭を抱えたままでヒザをボディに突き上げる。太腿へのヒザ蹴りを続け離れたバットムンクに、チャが右ミドルを蹴ったが、その後は大きな接触はなく初回が終わった。

2R、ローの蹴り合いからチャが右ストレート。さらに後ろ回し蹴りを放つが、これは届かない。チェのローが増えると、バットムンクは掴まれた足を押し付けて逃げようとし、その右足が急所に当たる。再開後、ワンツーから首相撲を狙ったバットムンクを逆にテイクダウンしたチェだが、直後のスクランブルでバックを取られる。パンチを後方から放つバットムンクだが、足のフックが甘く立ち上がられる。ここでバットムンクにケージ掴みにペナルティが与えられた。直後に首投げでテイクダウンしたバットムンクは、スクランブルでがぶり、チェにパンチを入れる。嫌がった引き込んだチェがすぐに立ち上がると、ここも首を抱えてヒザ蹴りを腹と顔面に突き刺す。

最後は離れてパンチの応酬――と思いきや、バットムンクがしっかりとテイクダウンに成功。上体を起こし右足を取りに来たチェをがぶってパンチを落としたバットムンクが3-0で判定勝ちを収めた。

PR
PR

関連記事

大会予定(現地時間)

Movie