この星の格闘技を追いかける

【UFN26】多彩な蹴り+グラップリングで、マクレガー完全勝利

<フェザー級/5分3R>
コナー・マクレガー(アイルランド)
Def.3-0: 30-27, 30-27, 30-26
マックス・ホロウェイ(米国)

まずは左ハイを見せたマクレガー。さらにヒザへの蹴りを見せる。ホロウェイもローを返すが、マクレガーが掛け蹴りを繰り出し、左を伸ばす。ホロウェイのローに効かないとアピールするマクレガーは、蹴りにストレートを交えプレッシャーを与えていく。右ロングアッパーから、二段蹴りで攻勢に出るマクレガーに、ホロウェイは左ジャブこそ出すが、手数が圧倒的に少ない。

再び二段蹴りから、前に出て左ハイと、パンチでなく蹴りを多用するマクレガー。左ストレートから左ハイ、意外な戦法にホロウェイは疲弊が目立つ。右アッパーからまたも二段蹴りを見せ、さらに横蹴りからフグトルネードとマクレガーの攻め手が途絶えない。ホロウェイのスーパーマンパンチを受け流したマクレガーは、コンビネーションでホロウェイを攻め込む。右を返したホロウェイは、足を使って何とか攻撃を遮断しようとする。浴びせ蹴りのような動きからマクレガーが組みついたところで初回が終了した。

2R、変わらず蹴り中心の攻めでプレッシャーを与え、間合いを確保するマクレガー。ホロウェイがワンツーを見せて距離を取る。左ジャブを伸ばすホロウェイに左ハイ、ヒザへの蹴りを続けるマクレガーが、左を打ち込む。右を返したホロウェイ、前に出ようとするとカウンターを受ける。右アッパーを決めたマクレガー、ホロウェイがたまらず間合いを外す。

とヒザ蹴りに左ヒザをホロウェイも合せていく。ホロウェイの右ボディを受け、左ストレートを返したマクレガーが、蹴り足を掴んでテイクダウンへ。ホロウェイは、首を抱えクローズドガードへ。ワキを締めて安全な位置取りをしたマクレガーが立ち上って足を捌こうとする。蹴り上げを捌かれ、パスを許しそうになったホロウェイだが、ハーフで耐える。しかし、マクレガーはリバーサル狙いにパスを合せていく。寝技での意外な強さを見せたマクレガーが、このラウンドも制した。

最終回、右フックを振るうホロウェイに組みついて、テイクダウンを奪ったマクレガー。右目を腫らしたホロウェイから再びパスを奪うと、マウントを狙っていく。必死にハーフで耐えたホロウェイはマウントを譲るとともにブリッジしてトップへ。両者立ち上がると、ホロウェイはキムラから引き込むが、腕を抜かれてマウントを許す。ホロウェイのブリッジにもマウントをしっかりとキープしたマクレガーは、暴れるホロウェイのこめかみにダブルで掌底を放つ。

ホロウェイの肩ブリッジに合わせバックを取ったマクレガー、マウントに戻されても重いパンチを落す。残り1分、ブリッジから4ポイント経由で立ち上がったホロウェイだが、直後にテイクダウンを合わされる。ギロチンを潰されたホロウェイ、そのままトップを取り続けたマクレガーが、蹴り中心+グラップリングの強さを見せつけ、一人が30-26をつける完全勝利を挙げた。

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie