この星の格闘技を追いかける

【UFC196】シアー・バハドゥルザダが、ザッチに根性勝ちの肩固め

<ウェルター級/5分3R>
シアー・バハドゥルザダ(オランダ)
Def.3R4分11秒by 肩固め
ブランドン・ザッチ(米国)

左ローを入れたザッチ。続いて右ミドルハイを放つ。ザッチのローを受けて体がよれたシアーが右ミドルを返す。スイッチを織り交ぜて、蹴りを上・中・下に蹴り分けるザッチに対し、荒いフックで前に出るシアーは左を打たれて、足を揃えながらフックを打ち返す。ザッチはシアーをケージに押し込みヒザを突き上げる。シアーもヒザを返し、距離が離れると左フックを振るって、首相撲からヒザ、ダーティボクシングで連打を打ち込む。

テイクダウン狙いから、ヒザ、スピニングバックエルボーを入れたザッチは、ダブルレッグでテイクダウンを決める。シアーは足を取ってトップを取りかえすと、ザッチの三角を担いでパウンドを落とす。サイドを取られそうになりキムラで耐えるザッチの足を束ねたシアーは座った状態で勢いのあるパンチを打ち込む。さらに立ち上がりながら左の拳を連打したシアー、ポイントはともかく勢いある攻撃を見せていた。

2R、左の前蹴りを入れたザッチがパンチからハイ、ヒザを入れる。棒立ちのように見えたシアーは一気にダブルレッグでテイクダウンを決める。手首を掴むザッチ、振り払ったシアーが鉄槌を落とす。続いて左右のパンチを大きな振りでシアーが落としたが、動きが止まると即レフェリーがブレイクを命じる。スタンドに戻り、ザッチが右ローから右を顔面にヒットさせる。下がりながらダーティボクシングでアッパー、ヒザを入れたシアーが再びテイクダウンを決める。

ケージを背負いながら、粘ることなく背中をマットにつけたザッチにシアーがパンチを落とす。ザッチの腕十字にも鉄槌を入れて防いだシアーが、上体を起こして重いパウンドを入れる。さらに鉄槌とパウンドをコンビネーションでザッチを追い込むシアーは、頭をザッチの耳の辺りにつけてパンチを続けた。

最終回、左右に回るシアーは思い切りフックを3度空振りする。しかし、ザッチのヒザにパンチを合わせ、続く前進に左を決めてダウンを奪う。懸命にガードを取るザッチの顔面に鉄槌を連打したシアーは、上体を起こしてパンチを落とす。疲れているように見えてから、粘り腰の攻撃を見せるシアーに対し、ザッチは三角を狙うがスクランブルに持ちこもうという動きはない。残り2分50秒でレフェリーがブレイクし、試合はスタンドに戻る。

シアーはスイッチしサークリング、ザッチは追い足がない。と、シアーが左右のフックから一気にテイクダウンへ。ザッチは簡単にガードを取り、さらにパンチを顔面にヒットされる。左右のパンチを落とし、足を一本抜いたシアーは肩固めへ。足を抜くとザッチはタップ。スタミナが切れ、完全に心が折れたザッチに対し、シアーは信条ともいえる気持ちの強さを見せつけた。

800日ぶりのカムバックを果たした「21歳の甥が亡くなった。彼にこの試合を捧げる。2年以上、試合ができていなかったけど、カムバックすることは絶対だった。応援し続けてきてくれた皆に感謝している。でも、パフォーマンスには満足していない。でも次はもっと良い試合をする」とシアーは勝利と自らの過去を振り返った。

PR
PR

関連記事

大会予定(現地時間)

Arzalet

Road FC43

Movie