この星の格闘技を追いかける

【Bellator151】サブミッションは極めないと評価無し、ゴイチがジェンキンスに判定負け

<フェザー級/5分3R>
バッバ・ジェンキンス(米国)
Def.3-0:30-27.29-27.29-28
ゴイチ・ヤマウチ(ブラジル)

サウスポー同士の一戦、互いに左の蹴りを入れる。ジェンキンスの右ミドルをキャッチしたゴイチが組みつくも倒せない。ジェンキンスは続く右ハイも掴まれ、倒れないように手をついてバランスを保っているところでゴイチが背中に飛び乗る。スタンドながら両足をフックしてRNCを狙いつつパンチを入れるゴイチに対し、ジェンキンスは手首を掴んで防御に徹する。

フェイスロックのようにアゴの上から極めにいくゴイチは、ケージを背にして落ちないようにポジションをキープし続ける。四の字ロックで背中に乗り続けるゴイチが再び、アゴの上からRNCクラッチへ。極めきれることはできないが、ジェンキンスはラウンド終了直前までバックマウントを許したままだった。

2R、左ミドルを連続で見せたゴイチ、ジェンキンスは左ロー2発から一気にダブルレッグでテイクダウンに持ち込む。腰をコントロールするジェンキンスに対し、ゴイチはキムラクラッチ。ジェンキンスは取られていない方の右腕で鉄槌を落とす。クラッチが解けたゴイチは足をすくい、ハイガードから三角クラッチへ。三角に持ち込むことはできず、ジェンキンスが鉄槌を落としながらラウンド終了を迎えた。

最終回も開始早々にテイクダウンを奪ったジェンキンスがガードの中から細かいパンチとエルボーを入れる。フックガードで体を伸ばしに掛かったゴイチだが、ジェンキンスのポスチャーは姿勢は悪くても強い。スイープも凌がれたゴイチはハイガードから腕十字へ。後方に頭を抜こうとするゴイチは、足を払いつつジェンキンスの右腕を伸ばしに掛かる。

ここからスイープに転じたゴイチだが、ジェンキンスはマットに根を張ったように体が浮かない。ゴイチはラバーに転じようとしたところでパウンドを受ける。サブミッション狙いよりも鉄槌やパンチの方が評価されえやすいMMA。ジェンキンスは腕十字狙いを中腰の姿勢からスラムしタイムアップを迎えた。

結果、3‐0でジェンキンスが判定勝ちを収めた。「2回ほどチョークが危なかった。腕十字は鉄槌を落とせたね。ダニエル・ヴェイケルとジョージ・カラキャニャンがタイトルを狙うには残っているね」と勝者は語った。

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie