この星の格闘技を追いかける

【WSOF GC02】中村優作、打っても下がらないギグリオから敗色濃厚の勝負を拾う

<フライ級/5分3R>
中村優作(日本)
Def.2-1:29-28,29-28.28-29
ローレンス・ギグリオ(米国)

前に出てきたギグリオにフックを合わせようとした中村。続く前進に左を入れる。中村は左から右を入れ、もう一発入れた右でギグリオがダウンするように引き込む。スタンドに戻った両者、中村はギグリオの右にカウンターを合わせようとする。間合いを一度外した中村はワンツー、そして右を伸ばす。ギグリオはヒザ蹴りを受け止めてテイクダウンに成功。中村はケージを背にして立ち上がる。

バックを譲らずスタンドに戻った中村、上々のエスケープで打撃の距離に戻る。ギグリオの左ジャブの連打を問題なくかわした中村は、ワンツーも距離をキープする。ここで右ローを蹴り込んだ中村は右フック、すぐにギグリオが右を返す。右が交錯し、ギグリオが右ロー。パンチを打ち合ったあとで中村のヒザがボディを捉えた。

2R、左で前に出た中村。右から左もギグリオが打ち返し、振りが大きくなる。中村はローを入れて右をヒット。その打ち終わりにギグリオが右を当てる。右ローを入れて、右に回る中村は接近戦で右を被弾する。ギグリオは左ジャブを伸ばすと、中村が右フックを返す。下がらないギグリオは右ボディフック。中村の右をかわして、左を打ちこもうとするギグリオ。中村のパンチを受けても下がらず、逆に打ち終わりにパワフルなパンチを当てるシーンが目立ってくる。

中村はパンチが荒くなり始め、右フックを受ける。プレッシャーを掛けきれず、距離も合わなくなってきた中村は、やはりパンチが大きい。右目を腫らした中村、このラウンドを落とした。

最終回、ワンツーも打ち終わりにパンチを受け、続く打ち合いの奈中で右を被弾した中村が崩れる。すぐに向き合った中村は飛びヒザを返すもギグリオはひるまず、パンチから組み合いになりケージに押し込んでいく。ケージを背に息を整える中村、ギグリオのヒザ蹴りが急所に入る。試合は一時中断し、離れて試合は再開となる。右フックから右ボディフックを入れた中村、右クロスを入れるがギグリオは下がらない。

中村は右ボディフックを入れ、試合は残り2分に。右を打ち合った両者、時間が過ぎるなか間合いを測る展開が続く。飛びヒザを見せた中村だが、接近戦で決定的な一発を入れることができない。それでも右をかわして右を入れた中村だが、ギグリオも最後まで踏み込んでパンチを入れてくる。そして試合はタイムアップを迎えた……。

3R序盤に右で後方に崩れたシーンがあった中村だが、スプリットで判定勝ち。敗色濃厚のなかの微妙な判定勝ち――中村優作はこの勝利を次につなげなければならない。

PR
PR

関連記事

大会予定(現地時間)

Arzalet

Road FC43

Movie