この星の格闘技を追いかける

【UFN82】レイ・ボーグ、立ち技も寝技もスコッギンスに歯が立たず

<フライ級/5分3R>
ジャスティン・スコッギンス(米国)
Def.3-0:30-26.30-27.30-27
レイ・ボーグ(米国/11位)

ISKAのキック王者スコッギンスがサウスポーから右ジャブ、サイドキック、さらに左ストレートを伸ばす。一気に距離を詰めたボーグがテイクダウンもスコッギンスがすぐに立ち上がる。そのまま組んでヒザ蹴りを入れたスコッギンスは足払いで崩そうとする。ケージを背にしたところから押し返そうとしたボーグは、自ら離れたスコッギンスの左ストレートに再び組みついていく。

ここも押し返し離れたスコッギンスが左ハイ、左前蹴り&ワンツーで前に出る。スイッチを交え、左ハイ、左ミドルを狙ったスコッギンスが左ストレートをヒットさせる。前に出るところに左を受けたボーグがヒザを着き、シングルも切られて打撃を被弾する。スコッギンスはオーソに構えると思い切り右ローを蹴り、その直後にサウスポーに戻すなど、ボーグに混乱を与え続ける。ボーグは最後までテイクダウン狙いでトップを取れることなく、後ろ回し蹴りを被弾しそうになり、劣勢のまま初回を戦い終えることとなった。

2R、後ろ回し蹴りの直後に組んだボーグはスプロールされるとジャンピングガードでしがみつく。スラムからトップを取ったスコッギンスは、やや時間を置いてスタンドに戻る。左掛け蹴り、左ストレートを入れボディロックしたスコッギンスがテイクダウンに成功する。ケージを蹴ったボーグがシングル、切られそうになるとスイッチでトップを奪いにかかる。これを潰したスコッギンスが立ち上がり際に連打を入れる。

接近戦でパンチを被弾しながら、強烈な勢いの右を返したボーグ。スコッギンスは離れて蹴りの間合いに戻す。踏み込みと同時に左ストレート、続いて左ミドルをスコッギンスが蹴り込む。鼻血を流したボーグはスピニングバックフィストにダブルを合わせるが、ここもスプロールされてしまう。逆にケージに押し込まれたボーグ、2Rもスコッギンスのラウンドとなった。

最終回、開始直後にシングルレッグに出たボーグに対し、スコッギンスが腹固めで受け止めようとトライする。腕を抜いたボーグがトップに。ガードから十字を仕掛け、揺さぶったスコッギンスはスクランブルからボーグの引き込みを引き出し、しっかりとトップを取り返す。寝技でもボーグに遅れを取らないスコッギンスは、余裕を持って寝技を続ける。時間を使っても、無駄な力を使わせないスコッギンス。ボーグは苦し紛れのバタフライフック&スラッピングを見せる。

ボーグがスタンドに戻った時には残り時間は2分に。しかもスコッギンスが即テイクダウンし、またもガードを強いられる。ボトムからガードを放つのが関の山となったボーグの寝技に付き合うことで、スタンドに戻させないスコッギンス。最後の40秒で立ち上がりながら、ジャンピングギロチンをミスしたボーグに判定で勝ち目はなかった。

PR
PR

関連記事

大会予定(現地時間)

Movie