この星の格闘技を追いかける

【Pancrase273】右目を大きく腫らした稲葉が渡慶次に3-0の判定勝ち

<フェザー級/3分3R>
稲葉聡(日本)
Def.3-0:30-27.29-28.29-28
渡慶次幸平(日本)

サウスポーの渡慶次に対し、稲葉は右ミドル。続けて右ミドルから前蹴りを見せる稲葉が右ストレートを伸ばす。手をぶらりと下げた構えの渡慶次は右ローを受けて左フックを繰り出すが、右フックを打ち込まれる。飛び込んで右を当てた稲葉は左アッパーをよけて、右を振るっていく。左ジャブを入れた稲葉が右ストレート、さらに左から右を狙うもこれは力が入り過ぎたか。残り30秒、右ミドルを決めた稲葉に左フックから前に出て、ヒザを見せた渡慶次だが反撃が遅かった。

2R、低い構えから右ハイを狙った稲葉。渡慶次は左ローからハイを放つ。稲葉は踏み込んで左ジャブ、そして右につなげようとする。稲葉は右を当ててからシングルレッグへ。ダブルに移行してケージに押し込むと、腿の後ろでクラッチしてテイクダウンに成功する。立ち上がった渡慶次にヒザを狙った稲葉、これは当たりが浅かったもののシングルへ。渡慶次がキムラロックで後方に倒れ込むも、ケージ際でスペースがなく動きが止まりタイムアップとなった。

最終回、稲葉の右目の下が腫れあがっておりドクターストップが入る。目は開いているので試合は再開に。その稲葉が右ミドル、渡慶次が左ハイを狙う。飛びヒザから距離を詰めた渡慶次を逆にケージに押し込んだ稲葉が合い四つからテイクダウンを狙う。小外掛けでテイクダウンに成功した稲葉は、ハーフから細かいパンチを落とす。残り半分、頭を胸につけてパンチを落とす稲葉は、足を戻されても勢いのある左を入れる。

立ち上がった渡慶次は左ストレート、続く右をヒットさせて右ヒザを放っていく。シングルに出た稲葉に対し、渡慶次がここでもキムラへ。2R終盤と同じようにケージに詰まってセットアップできず、試合が終わった。両手を広げる渡慶次だったが0-3で稲葉に下った。

PR
PR

関連記事

大会予定(現地時間)

Movie