この星の格闘技を追いかける

【TUF22】シーズン22出場者同士の対戦はエロサがロゼクをスプリットで下す

<ライト級/5分3R>
ジュリアン・エロサ(米国)
Def.2-1:29-28.29-28.28-29
マルチン・ロゼク(ポーランド)

TUF22から出場となったエロサとロゼク。パンチを振るいながら前に出るロゼク。蹴りを放った際にバランスを崩したが、すぐに立ち上がって右ストレートをヒットしエロサが下がる。組み合いから離れ、切れの良い左ハイ、右フックを打ち込んだロゼクが組みに行くも、エロサが体を入れ替えてケージに押し込む。何度となく体を入れ替える両者、ヒザを互いに打ち合いロゼクが離れようとするが、エロサが離さない。とロゼクがダブルレッグを仕掛け、エロサはギロチンから起き上がってきたロゼクにダースを仕掛ける。

顎のラインに腕があり極まらないと見たエロサは自ら技を解き、2人揃って立ち上がる。ロゼクがケージにエロサを押し込むがヒザを腹に受け、粗いフックを返す。最後は離れて打撃を交換し初回が終わった。

2R、ワンツーから前に出てダブルレッグでテイクダウンしたロゼク。蹴り上げを腹に受け、ガードの中に入る。エロサはパンチを受けながら立ち上がると、ケージ際でポジションを入れ替えつつ両者が離れる。すぐにケージ際で組み合いとなり、ヒザをエロサが入れる。ここでもロゼクがテイクダウンを奪い、エロサの三角絞めを防ぐ。後方回転から立ちあがったエロサにロゼクが右ストレート。さらに左ジャブからフックを振るうロゼクが3度目のテイクダウンに成功する。蹴り上げ&三角狙いのエロサからラウンドを取り返した。

最終回、ロゼクは左ジャブ、左右のパンチを振るって前に出るエロサだが攻撃が急所に当たり試合が中断。再開後に飛びヒザを見せたエロサだが、ロゼクも左ストレートを打ち込んでいく。ロゼクのダブルレッグは力がなく、エロサが逆にシングルレッグでテイクダウンへ。ロゼクのギロチンを抜けたエロサがトップを取るが、ロゼクはヒザを入れて即立ち上がる。ロゼクのテイクダウン狙いをスプロールするエロサ。ロゼクは疲れが目立ってきた。

執拗にテイクダウン狙いを続け、エロサをケージに押し込んだロゼクは体を入れ替えられるとヒザを突き上げる。離れてフライングニーを見せたエロサが残り1分を切ってテイクダウンを決める。ハーフガードからリバーサルを決めたロゼク。エロサも首を取って上を取り返し、スタンドへ。ここで時間となり、エロサがスプリット判定をモノにした。

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie