この星の格闘技を追いかける

【UFN78】徹底したテイクダウンでファビンスキがアビーナを破る

<ウェルター級/5分3R>
バルトス・ファビンスキ(ポーランド)
Def.3-0:30-27.30-27.29-28
ヘクター・アビーナ(米国)

ファビンスキが左ジャブを伸ばし、そのままダブルレッグでテイクダウンに成功する。足を一本抜いたファビンスキはアビーナが足を戻す際にパンチを落とす。クローズドガードを取ったアビーナはゴツゴツとしたパンチを落とされる展開が続く。ケージに詰められクローズドガードを取る限り、立ち上がることもできないアビーナの狙いは三角絞めか。

残り2分30秒でブレイクが掛かるも、再開後にファビンスキが即ダブルレッグでテイクダウンに成功する。ここもアビーナはクローズドガードを取り、ファビンスキのエルボーを被弾する。腰を切って十字狙いも、ファビンスキは先刻承知で腕を引き抜いて足を一本越していく。フルガードに戻せなくなったアビーナは鉄槌を連打され、削られ続けた初回が終わった。

2R、ファビンスキはここもパンチからダブルレッグへ。ケージに押し込まれたアビーナが、下になりながらキムラを仕掛けスイープを狙う。これを凌いだファビンスキに対し、アビーナはスクランブルに持ち込んで立ち上がる。直後にヒザを入れたアビーナ。しかし、またもファビンスキにテイクダウンを許してしまう。残り2分15秒でブレイクが掛かり、直後にダブルで倒されるというデジャブのような展開に観客はブーイング。これまでとの違いはファビンスキがパスに成功敷いてサイドを取ったこと。

強引なブリッジでリバーサルを狙うアビーナはさらに体力を消耗するだろう。それでも、上体を起こしてファビンスキをひっくり返したアビーナがスタンドに戻る。と、ここでファビンスキがヒザ蹴り、左ジャブと打撃戦でも攻勢に。アビーナの右ハイにファビンスキがダブルを合わせてドライブ。ここでレフェリーがドクターチェックを要請する。左瞼の上を大きくカットしたアビーナだが、ドクターは傷跡のチェックもそこそこに試合が再開。ファビンスキがテイクダウンを奪ったところで2Rが終了した。

カットの原因がヘッドバット──、最終回開始とともにファビンスキがテイクダウンを仕掛ける。アビーナはギロチンを仕掛け、前転で逃げようとしたファビンスキの右足をロックして許さない。前転をケージに阻まれ、ガードの中に戻りながら頭を抜いたファビンスキは胸をしっかりとつけて抑え込む。右エルボーを傷口に落とすファビンスキは、疲れながらも重いパウンドを効果的に使う。アビーナは三角狙いを防がれると、腰をずらしてキムラへ。腹の前に手を置き耐えるファビンスキ、アビーナのスイープ狙いを逆にマウント奪取で切り返す。

アビーナはすぐにハーフに戻すも、ファビンスキがパスからバックへ。アビーナが立ちあがってシングルレッグ。切って、ノーフックのRNCを仕掛けたアビーナはすぐに技を解いて、エルボーを側頭部へ入れる。残り10秒、両者が離れるもファビンスキがここでもシングルからドライブしタイムアップを迎えた。結果は当然、ファビンスキが3‐0で判定勝ちを手にした。

PR
PR

関連記事

Road FC45

HEAT41

Movie