この星の格闘技を追いかける

【UFC FX08】ドスアンジョス、弱乱打戦制しダナムを破る

<ライト級/5分3R>
ハファエル・ドスアンジョス(ブラジル)
Def.3-0:29-28, 29-28, 29-28
エヴァン・ダナム(米国)

重い左ローを放ったドスアンジョスに対し、ダナムは左から右ストレートを伸ばす。左ハイを見せ、左ストレートを打ちこむドスアンジョスは、アウトサイドロー、前蹴りから首相撲&ヒザへ。ダナムは蹴りを掴んで、パンチを入れるも、ドスアンジョスが左ミドルを蹴り込む。ドスアンジョスは右ストレートから粗い左フックを見せると、右ボディフックを打ち込む。

右ハイから左フックと勢いの良さを見せるドスアンジョスが、要所でローを放つ。しかし、左ローをすかされバランスを失うと、ガードを強いられる。残り90秒、下からドスアンジョスはエルボーを見せるが、クローズドガード状態で立ち上がることはできない。ヒップエスケープについていき、立つスペースを与えないダナムだが、残り15秒でブレイクがかかり、両者が打撃を交換するがクリーンヒットはないまま初回が終わった。

2R、ダナムがローをいれラウンドが始まると、前に出てきたドスアンジョスにダブルレッグダイブを合せる。ギロチンから上を狙ったドスアンジョスは、スクランブル状態から距離を取る。ドスアンジョスは右ボディフックから、ここで初めて組みついていくと、ダブルからシングルに切り替え、離れ際に右フックを打ち込んだ。ダナムが右ジャブから左を伸ばすも、ドスアンジョスは右から左フックでより効果的なパンチを見せる。

首相撲から右ヒザを顔面に突き上げ、左フックを入れたドスアンジョスは、テイクダウン狙いを潰すとダナムをケージに押し込んでいく。ケージ中央での打撃戦でエルボーを見せたドスアンジョスに、ダナムは右フックをヒットさせる。激しい打ち合い、蹴り合いが続くと、右目尻をカットしたドスアンジョスの動きがやや落ちる。残り10秒、シングルから足を掛けたダナムがテイクダウンを奪い、このラウンドを取ったか。

最終回、サウスポーに構えたドスアンジョスは、右フックを打ち込む。ドスアンジョスは右アッパーを入れる。相打ちの状態が続いた打撃戦から、ダナムがハイクロッチ、さらにダブルに移行してドスアンジョスをドライブしていく。体を入れ替え、距離を取ったドスアンジョスは右ミドル。もう一発ミドルを入れ、ボディフックにつないだドスアンジョだが、右ストレートを被弾する。ヒザ蹴りからドスアンジョスが前に出ると、ダナムはダーティボクシングで反撃。

残り2分、ダナムが前に出る。互いにエルボーを使うが、前に出るのはダナムで、ここでシングルレッグダイブを仕掛け、ドスアンジョスをケージに押し込む。ドスアンジョスは首相撲からヒザをボディに突き上げ距離を取る。残り30秒、足を止めての打ち合いは、ダナムの精度が上回るか。最後の最後で互いにフックを打ち合った対戦はドスアンジョスに凱歌が上がった。

PR
PR

関連記事

Arzalet

Movie