この星の格闘技を追いかける

【VTJ in Okinawa】精度×手数、伊禮が祖根に競り勝つ

<バンタム級/5分3R>
伊禮真也(日本)
Def.2-1:29-28.29-28.28-29
祖根寿麻(日本)

東京在住の伊禮、祖根は名古屋在住という沖縄出身同士の対戦。2年前の対戦では祖根が勝利している。ローを走らせ、左ジャブから右フックと良い滑り出しの祖根。と、シングルレッグからテイクダウンを狙う。がぶった伊禮は、ケージ際へ。祖根はシングルからダブルへ移行し、伊禮を押し込んでいく。ボディロック、伊禮がクラッチを切ると祖根が離れる。

伊禮の左ジャブに祖根は右フック。伊禮もヒザを返し、パンチで祖根をケージに追い込む。祖根はハイキックからペースを戻しに掛かるが、リーチに優る伊禮のヒット率が上がる。祖根は続く局面で左ミドルから組み付いてテイクダウンに成功。伊禮に潜らせずにパンチを入れる。伊禮が立ち上がると、祖根は手をついてキック、そして右をヒットする。伊禮も左ジャブを的確にヒットさせる。祖根はワンツーを返す。伊禮は右アッパーを打ち込むと、祖根は両手を広げて効いていないとアピール。ここから大きな動きは見られず、ノンストップの初回は祖根が制したか。

2R、ワンツーから前に出た伊禮がヒジを繰り出す。祖根は構えを変えるが、アッパーからフックを被弾。間合いを取り直した両者、祖根のローが急所に入る。再開後、祖根が左をタッチ。前に出る伊禮は左ジャブから右の縦ヒジを見せる。右オーバーハンドは祖根。しかし、振りが大きくなり伊禮が組んでテイクダウンに成功する。

祖根はすぐに立ち上がる。伊禮は右アッパー、祖根は左ボデから右ストレートを伸ばす。打ち終わりに体が流れ、小径ケージではすぐに距離を詰められてしまうようになった祖根に対し、伊禮が組んでケージ際へ。右エルボーを入れてから離れた伊禮が2Rを取り返した。

最終回、祖根のテイクダウン狙いをクォーターネルソンに防いだ伊禮。祖根は左ジャブを受け、クリンチアッパーに続けられる。伊禮は逆に右をヒット、祖根も左フックを打ち返す。力を入れた祖根の右ローは距離が合わない。続く打撃戦で、祖根が目を気にすると、伊禮がすかさず組んでテイクダウン狙いへ。ヒザを入れた伊禮に対し、祖根も左を打ち返す。残り2分半、両者が離れると伊禮がダブルレッグへ。右ワキを差した祖根は倒れず、反対にケージに押し込みシングルレッグで組んでいく。

ここでも両者譲らず、距離を取り直し左を見せた祖根が右を大きく伸ばす。クリーンヒットとはならなかったが、伊禮は手数が減ってきた。最後の60秒、間合いを測り合うなかで祖根が前へ。左で止める伊禮。祖根はカポエイラキックで印象点に狙いも、伊禮が距離を詰めてパンチへ。直後にタイムアップとなり、2人揃って勝利をアピールする。最終回、精度の伊禮と手数の祖根、そこをどのように判断されるか。結果はスプリットで伊禮に凱歌が挙がり、リベンジに成功。3度目を期待したくなる、気持ちの入った勝負だった。

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie