この星の格闘技を追いかける

【UFN75】ROAD TO UFC JAPANフェザー級T決勝はまさかのドロー裁定

<ROAD TO UFC JAPANフェザー級T決勝/5分3R>
廣田瑞人(日本)
Def.1-1:29-28, 28-29, 29-29
石原夜叉坊(日本)

サウスポーの夜叉坊がいきなり左ミドルを蹴る。距離が離れると夜叉坊がインロー、廣田は左フックで前に出る。夜叉坊はジャブとインロー、廣田は左フックから右ボディを打つ。インロー、左ミドル、左ストレートを繰り出す夜叉坊。廣田の蹴り足をすくって、廣田に尻餅をつかせる。廣田はすぐに立ち上がり、右ストレートで前に出ていくが、夜叉坊はバックステップでかわしてインローと左ストレートを当てる。

廣田もじりじりとプレッシャーをかけて左フック、夜叉坊も左ストレートを返す。上体を振って足を使う夜叉坊。廣田はパンチを見せながら距離を詰めて右ストレートと左フック、夜叉坊も左ストレート・左ミドルを当てる。そして終了間際、夜叉坊の左フックで廣田が尻餅をつき、タックルで組みつこうとしたところでラウンド終了のブザーが鳴った。

2R、右ストレートで前に出ていく廣田だが、夜叉坊がタイミングよくカウンターの左ストレートを当てて、廣田がバランスを崩す。足を使いながらジャブと左ストレートを当てる夜叉坊。プレッシャーをかけて前に出るのは廣田だが、夜叉坊を捕まえ切れない。

残り3分過ぎ、それでも廣田は右ストレートを当て、さらに前進。夜叉坊にケージを背負わせると、ダブルレッグからテイクダウンを狙う。夜叉坊もすぐに立ち上がり、試合はスタンドへ。夜叉坊はバックブローを繰り出し、前に出る廣田は右ストレートを当てて四つ組からテイクダウンを狙う。残り20秒、ケージを背負う夜叉坊に廣田が左右の連打を乱れ打ち。夜叉坊も必死にパンチを返して譲らない。

3R開始早々、夜叉坊がカウンターの左フックを当てて廣田が崩れ落ちる。廣田はテイクダウンを織り交ぜながら立ち上がり、劣勢を挽回しようと右ストレートで必死に前に出る。残り時間が半分を過ぎたところで、廣田が右ストレートからダブルレッグに入り、立ち上がろうとする夜叉坊の後ろにつく。

コツコツとパンチを当てる廣田。夜叉坊が立ち上がると、廣田がパンチで夜叉坊を追いかける。夜叉坊にケージを背負わせてパンチとヒジを振り回す廣田だったが、決定打がないまま試合終了のブザーが鳴る。

判定は29-28(廣田)、29-28(夜叉坊)、29-29と三者三様のドロー。トーナメント決勝ながらまさかドローという結果に終わり、試合後にマイクを向けられた廣田は言葉を失くし、夜叉坊は「前歯が折れたんですけどドローなんですか? 頑張ります」と苦笑いでケージを後にした。

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie