この星の格闘技を追いかける

【ADCC2015】シモエスにどうにも勝てないキーナン・コーネリアス、今年もビッグタイトル逃す

Simoes【写真】シモエスに勝てないキーナン、苦手意識は持ちたくないところだ (C)GLEIDSON VENGA

29日(土・現地時間)から30日(日・同)にかけて、ブラジル・サンパウロにてアブダビコンバットクラブ(ADCC)主催の世界サブミッション選手権が行われた。2年に1度、世界最高峰の組業師たちを集めて行われるこの大会。今年もグラップラーの祭典と呼ぶに相応しい強豪たちが集まった。実質上ギ無しグラップリングの世界最強決定戦といえるこの大会、今回は88キロ3位決定戦&決勝までの模様を紹介したい。

<88キロ以下級3位決定戦/10分1R>
ルスタム・チェシエフ
Def. by レフェリー判定 
ホムロ・バハウ

準々決勝、準決勝と上を譲らず、柔術家の下からの仕掛けをレスリングベースで封じたチェシエフは、この試合でも同じ戦法を貫く。延長戦になると、もう引き込めないホミーニョはスタンド戦に応じるが、そこはチェシエフの土俵。結局テイクダウンで尻餅を付かせることに成功したチェシエフが、レフェリー判定をものにした。

<88キロ以下級決勝/20分1R>
ユーリ・シモエス
Def. by 3-0
キーナン・コーネリアス

昨年の世界ノーギ無差別級決勝と同じ顔合わせとなったこのカード。苦戦続きのコーネリアスに対して、シモエスは気力充実。前回はシモエスの完勝に終わったが、今回はどうなるか。

序盤、コーネリアスがテイクダウンを仕掛けると、それをがぶったシモエスがフロントヘッドロックでカウンター、場外ブレイクとなったが機先を制してみせた。その後もスタンド戦が続いた後、コーネリアスは、決勝戦であってもおもむろに座り込んでマイナスを献上。特に目立ったムーブも作れずにあっさり立ち上がり、結果としてもったいない失点をしてしまった。

その後、10分が経過しシモエスはシングルレッグを仕掛けてテイクダウン。逃げようとするコーネリアスを押さえつけ、亀になったところでバックから両足フックを入れることに成功。3点先制してみせた。この局面はなんとか脱出したコーネリアスだが、気迫みなぎるシモエスはスタンドでアグレッシブな姿勢を崩さず、再び背後を取るなど優勢に進める。

やがて自ら下になって攻撃を仕掛けるコーネリアスだが、シモエスは下から低くプレッシャーをかけて対処。後半は安全策で防御に徹する姿勢を見せて何度かマイナスポイントを取られたシモエスだったが、コーネリアスの攻撃をやり過ごして時間切れ。見事に初優勝を果たしたシモエスは、歓喜の涙にむせんだ。

これでシモエスは、コーネリアス相手にギ無しで2戦連続の完勝。昨年の世界ノーギで見せた強さが本物であること、まぎれもなく世界最高峰の実力者であることを証明してみせた。対するコーネリアスは、今回もビッグタイトルに届かず。上からも下からも強く、モダン柔術も極めも強いこの若者がレスリング力も強化して臨んだ今大会だったが、どうもギ無しではシモエス相手に部が悪いよう。11月7日、世界ノーギ柔術選手権で両者の激突が見られるのか、注目したい。

■リザルト

【88キロ以下級】
1位 ユーリ・シモエス(ブラジル)
2位 キーナン・コーネリアス(米国)
3位 ルスタム・チェシエフ(ロシア)
4位 ホムロ・バハウ(ブラジル)

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie