この星の格闘技を追いかける

【Grandslam03】トップコントロールで寝技を支配、杉本が幕を下す

Sugimoto【写真】2Rはテイクダウンからマウント、バックマウントと完全に試合を『ドミネイト』した杉本が判定勝ちを手にした(C)MMAPLANET

<フェザー級/5分2R+EX>
杉本悠樹(日本)
Def.3-0:20-18,20-18,20-18
幕大輔(日本)

幕の右ローに組み付いた杉本が、テイクダウンに成功する。ギロチンを防がれた幕は杉本のパスのプレッシャーを受け懸命に足を戻す。上を取り返した幕はノースサウスへ。首を抜いた杉本だが、ガードを強いられる。杉本はキムラから上を取り返すも、幕もシングルで再びトップに。と、杉本はここでもキムラロックからリバーサル、上四方に回ってそのまま腕を極めに掛かるも、腕を抜いた幕が上を取り返した初回が終了となった。

2R開始直後にテイクダウンを決めた杉本が、ハーフから肩固めを狙いつつパスからマウント奪取。ボディにエルボーを入れ再び肩固めへ。幕が耐えて起き上がろうとすると、杉本はバックを取って前転から両足をフックする。幕は尻をあげて起き上がろうとするも、杉本はパンチに切り替えバックマウントのままタイムアップを迎えた。結果、杉本がフルマークの判定勝ちを収めた。

PR
PR

関連記事

Road FC45

HEAT41

Movie