この星の格闘技を追いかける

【DEEP CAGE】横田が超接戦を制し、高橋に判定勝ち。14連勝を達成

Yokota vs Takahashi【写真】フックで前に出る高橋、ミドルも決めるなど健闘したが、勝利は届かなかった(C)MMAPLANET

<フェザー級/5分3R>
横田一則(日本)
Def.3-0
高橋憲次郎(日本)

素早い左ジャブからローを入れる横田。高橋もローを蹴り、前へ出て組みに。テイクダウンから壁際の攻防でバックを譲った横田はキムラロックの攻防から投げでトップを奪う。ケージ際で尻餅から高橋が立ち上がり、両者が距離を取り直す。右ストレートを横田が入れるも右フックにダブルレッグを合わされる。ここもキムラロックの応酬となり、高橋の急所攻撃が認められ試合は一時中断。再開後、横田は前蹴りから右ハイ、さらに右オーバーハンドを打ち込む。前蹴りで顔面を狙うなど、横田のペースで初回が終わった。

2R、横田の前蹴りにもミドルを入れた高橋が左右の連打で前に出る。離れた横田は組みから離れ際にパンチを入れるも、高橋は右フックをヒットさせる。と、高橋のカットでドクターチャックが入る。再開後、横田のテイクダウン狙いを切った高橋がミドルを蹴りこむ。飛び込んで左ミドルを入れた高橋、横田も右を返すが慌てることなくプレッシャーを与え続ける。単発の横田のパンチに対し、高橋は接近戦でもコンビネーションを見せる。テイクダウンも交えて戦った高橋、横田が珍しく自分のペースで戦えないラウンドとなった。

最終回、横田の前蹴りに対して高橋は左ミドルハイ。距離が離れると、横田が差し上げテイクダウンを決めるも、高橋はスクランブルに持ち込みスタンドへ戻る。右フックを入れた高橋がテイクダウン狙いでケージに横田を押し込む。横田は体を入れ替え、右足を抱えに。倒れず距離を取り直した高橋は組んでバックへ。横田のキムラクラッチを察知して離れた高橋が離れる。高橋の前進に前蹴りを入れる横田。高橋はそれでも前に出て左をヒットさせる。続いてシングルで組みついた高橋は離れると、横田の前蹴りにも前進を続ける。

前蹴りが攻撃の中心となった横田から、最後にバックを取った高橋はキムラクラッチにハイを狙うなど、最後まで攻め続ける姿勢を見せた高橋。横田も前蹴りで高橋を突き離し続けた。また高橋のフック系のパンチ、左ミドルに対して横田は左ジャブなど真っ直ぐのパンチを前半に多用。通好みの接戦は、ジャッジの裁定は割れることなく3者揃って横田の勝利を支持した。

得意の禿ネタから「言うことがない」と話した横田は、応援への感謝の言葉に続き、「今日で14連勝、5年間負け知らず。何も受けずに勝つ戦い方ができました。ROAD TO UFCに出ている選手は誰にも勝てない。UFCに行っていないフェザー級なら俺がダントツで強い。37歳で現役王者は、濃密で短い期間で練習するように、ケガが怖いので変えました。それでも強いです。でも、酒は弱くて何度も失敗しました。でも、格闘技は強いのであと1年、もう少し頑張ります。師匠から15連勝すれば辞めても良いと言われていますが、大きいところで戦っていく気持ちもあります。UFCじゃありません。一本勝ちでないけど、完封勝ちができました。ありがとうございました」と(いうような)マイクを続けた。

PR
PR

関連記事

大会予定(現地時間)

Arzalet

Road FC43

Movie