この星の格闘技を追いかける

【UFN73】ジャブ、左ボディフック、TDも決めたカカイだが、サエンツの前進力に敗れる

<バンタム級/5分3R>
フランキー・サエンツ(米国)
Def.2-1:30-27.30-27.28-29
サーワン・カカイ(スウェーデン)

サエンツの左ローで試合がスタート。即、カカイが右ローを返す。サエンツもボディから顔面へとパンチを伸ばし、テイクダウンのフェイクを掛ける。さらにワンツーから左ミドルを見せたサエンツ。2度、3度とボディを蹴られたカカイはローに右カウンターを狙う。サエンツは飛び込んでフックから左ヒザをボディに入れ、首相撲でサエンツを抱えてヒザ蹴りを続ける。そのサエンツのバランスを崩し、尻餅をつかせたカカイが続いてダブルレッグで完全なテイクダウンを奪う。

起き上がったサエンツのボディにヒザを入れたカカイは距離感を掴んだが、ローや右をヒットする。サエンツも飛び込んで右フックを放つがカカイは左フックをカウンターで返す。残り10秒を切り、ヒザ蹴りから組んでテイクダウンを狙ったサエンツ。しかし、この試は目標を達成できなかった。
2R、サエンツの右をステップでかわすカカイ。ダブルレッグも切ってヒザを突き上げる。カカイは左ジャブ、左ボディフックをヒットさせる。サエンツはシングルからアッパーを狙うが、カカイはこれも見切る。サエンツの飛び込み際に右ローを蹴り込むなど、試合をコントロールするかのように見えたカカイは、初めてダブルレッグで尻餅をつかされてもすぐに立ち上がって距離を取りなおす。引き続き左ジャブを被弾したサエンツはテイクダウンを仕掛け、逆にケージに押し込まれ倒されてしまう。起き上がったサエンツが右エルボー、カカイは左ジャブを2発当ててペースを許さなかった。

最終回、右フック&ヒザ蹴り、エルボー、そしてダブルレッグ狙いと積極的に前に出るサエンツ。さらに右手を差し上げてクリーンテイクダウンを奪うや、パウンドを落としてバックへ。足のフックなしにRNCを狙ったが、ここは両足をつけて自らチョークを解く。試合がオクタゴン中央に戻っても、すぐにケージ際の攻防に移る。金網を背にしたカカイにエルボーを放つサエンツだが、足払いで尻餅を着かされる。すぐに立ち上がったサエンツ。両者エルボーを盛んに振るい、ヒザを突きあげていく。そんななかカカイは左ボディを決め、明らかに疲れた表情を見せたサエンツのテイクダウン狙いを切りタイムアップに。

結果、サエンツがスプリットで判定勝ちを手にした。前に出続けるファイトをジャッジは評価したか……。

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie