この星の格闘技を追いかける

【UFC190】アルゼンチンのカネッティが、ヴィアーナに敵地リオで判定勝ち

<バンタム級/5分3R>
ギド・カネッティ(アルゼンチン)
Def.3-0:29-28,29-28,29-28
ウゴ・ヴィアーナ(ブラジル)

サウスポーのカネッティが低い姿勢から左ミドルを見せる。ヴィアーナは飛び込むような右ハイ&パンチを放っていく。カネッティの後ろ回し蹴りにテイクダウンを合わせたヴィアーナはヒールに対しても、アンクルからしっかりと足を畳んで反転、バックコントロールへ。カネッティの頭部に鉄槌を落として足をフックしようとヴィアーナに対し、立ち上がったカネッティが胸を合わせてケージに追い込んでいく。体を入れ替えたヴィアーナはヒザをボディに入れて左腕を差し上げてテイクダウンを狙う。ケージを背にして耐えるカネッティはもう一度ヴィアーナを押し返すが、残り1分でブレイクを命じられる。カネッティはヒザ蹴りをボディに入れた直後にテイクダウンを仕掛けられるも、これ切って蹴り技へ。ヴィアーナが蹴り返したところで初回が終わった。

2R開始直後に左ハイを決めたカネッティが、パンチの連打からヴィアーナに組まれるも、逆にテイクダウンに成功する。サイドを取られたヴィアーナはまだダメージが残っているか。ガードからパウンドを落とすカネッティに対し、ヴィアーナは蹴り上げでバランスを崩させ組み付く。カネッティは逆にテイクダウンを奪い、すぐにスタンドへ。右ローでバランスを崩させたヴィアーナに大きな声援が送られ、ケージにカネッティを押し込みダブルへ。カネッティがこれを切るとブレイクが掛かる。ヴィアーナはサウスポーの構えから前に出るが、カネッティが左を打ち込む。ここでヴィアーナがテイクダウンに成功、鉄槌からパンチを落とす。クローズドでしがみつくカネッティ、ヴィアーナがパウンドで反撃し2Rが終わった。

3R、ヴィアーナはオーソに戻し左ミドル。カネッティの左ハイは空振りとなり、ヴィアーナが組んでケージに押し込んでいく。ヴィアーナのダブルに左腕を差し防いだカネッティは、シングルで尻餅を着かされるも即立ち上がる。ヴィアーナがケージに押し込む展開が続き、両者が離れるとカネッティが左をボディに入れ、今度はヴィアーナの背中を一瞬マットに着かせる。スクランブルからケージの攻防、ブレイク後にもカネッティがテイクダウンに成功する。立ち上がったヴィアーナは内股を切り返され、完全にテイクダウンを奪われる。残り30秒をトップで過ごし、最後は背中に回ったカネッティ、ブラジル人が最も嫌うアルゼンチンの勝利をリオで実現させた。

PR
PR

関連記事

大会予定(現地時間)

Arzalet

Road FC43

Movie