この星の格闘技を追いかける

【DEEP】水野の国内復帰戦は偶発性の頭突きでドローに

<ミドル級/5分3R>
水野竜也(日本)
Draw. 1R2分50秒
RYO(日本)

ONEから国内復帰の水野、RYOの右ローに右を合わせようとする。右フックにテイクダウン狙いを合わせられたRYOだが、逆に水野をケージに押し込んでいく。RYOの右ローを受ける水野、自らの左ローは空振りし、続く組み合いでもケージに押し込まれてしまう。小外で崩されそうになりパンチを一発受けた水野にドクターチェックが入る。右目尻が開いた水野、彼のセコンドにもドクターから説明が入る。と、ここでゴングが大きく打ち鳴らされる。審判団より「偶発性のパッティングによるカットで、骨が見えており試合続行が不可能。アクシデント発生時まで裁定が取られる」と見解が述べられた結果、ジャッジ3者ともドローで痛み分けとなった。

PR
PR

関連記事

大会予定(現地時間)

Arzalet

Road FC43

Movie