この星の格闘技を追いかける

【UFC189】フィスターがテイクダウンとバックマウントを繰り返し判定勝ち

<ライト級/5分3R>
コディー・フィスター(米国)
Def.3-0:29-28, 29-28, 29-28
ヨスデニ・セデーニョ(キューバ)

試合はセデーニョの右ロー&右ハイでスタート。その後も左ジャブを軽快に伸ばすセデーニョに対し、フィスターもパンチを返すがやや力が入りすぎて動きが固い。そこに左ジャブを伸ばすセデーニョが組みに。逆にケージに押し込まれそうになるが、後方にいなしてスクランブルが両者立ち上がる。フィスターが右をヒットし、セデーニョがローを返す。ケージ際の打ち合いはフィスターの勢いが上回ったか。

2R、セデーニョの左ジャブ、フィスターの右ジャブが交錯する。勢いのあるパンチを振るうセデーニョだが踏み込みが甘い。と、フィスターがダブルレッグでテイクダウンしバックに回りこむ。仰向けになって後方からパンチを入れるが、セデーニョが胸を合わせてインサイドガードながらトップへ。残り2分でブレイクが掛かり試合はスタンドへ。すぐにフィスターがテイクダウンに成功、再びバックマウントへ。マウントへ移行したフィスターだが、足を戻してセデーニョが立ち上がったところでラウンド終了に。

最終回開始直後、フィスターがシングルレッグからセデーニョをケージに詰め整理餅をつかせるが、そのまま動きが固まりブレイクを命じられる。続くスタンド戦でもフィスターが即シングルからダブルに移行しテイクダウンを決める。セデーニョは亀になり、ここもバックマウントを許してしまう。胸を合わされそうになりスクランブルもすぐに足に組み付いてトップを取ったフィスターに対し、セデーニョが胸を合わせたところでタイムアップに。フィスターが判定勝ちを手にした。

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie