この星の格闘技を追いかける

【UFC JAPAN】廣田、ヤヒーラのテイクダウン&トップキープに敗れる

<フェザー級/5分3R>
ハニ・ヤヒーラ(ブラジル)
Def.3-0:29-28,29-28,29-28
廣田瑞人(日本)

前蹴りを見せるヤヒーラ、距離を詰める廣田だが右を被弾する。と、シングルレッグで尻餅をつかされバックを許しそうに。前方に振り落し、腕への関節を逃れると、廣田はトップへ。潜ろうとするヤヒーラの顔を剥がそうとするが、後方に立ち上がられシングルでひっくり返されてしまう。細かいパンチを落すヤヒーラ、レフェリーがアクションを促す。立ち上がろうとした廣田だが、ヤヒーラはシングルで押し込んでトップを譲らない。

足を捌き、腕への関節も匂わせるヤヒーラのトップコントロールが続く、キムラ狙いのヤヒーラはここでクラッチを解くが、立ち上がり際にバックを狙うという得意の動きで初回は、廣田を完封した。

2R、組んだ廣田、シングルを一度は切るも、続くシングルからダブルへの移行でまたもテイクダウンを許す。ケージを背にして立ち上がりたい廣田だが、ヤヒーラが肩固めからマウントへ。サイドに回り込み、絞め続けるヤヒーラ。廣田は耐えきり、ガードに戻す。クローズドガードを取り、立つ動作に入れない廣田が足を入れていくが、ヤヒーラがパンチを落す。圧倒的なトップコントロールを続けたヤヒーラが、2Rも制した。

最終回、ケージ際を左右に移動するヤヒーラのシングルを潰した廣田は、ボディフックを放つ。組みつくヤヒーラ、ダブルも切ってがぶりから廣田はスタンドへ。徹底して組みつくヤヒーラは、ガードを取りつつもリバーサルへ。下になった廣田が、三角を仕掛けるもヤヒーラが凌ぎ、バックへ回り込む。胸を合せて立ち上がった廣田がテイクダウンへ。

残り80秒、廣田はトップからパンチを落す。動きが止ったヤヒーラに、飛びヒザを入れた廣田。がぶってパンチ、立ち上がったヤヒーラにパンチを打ちこんだが、捉えきることができず無念のタイムアップへ。序盤の2Rの劣勢を取り返すことはできず、廣田はまさかのUFCデビュー判定負けとなってしまった。

PR
PR

関連記事

Tokyo Int JJC

Movie