この星の格闘技を追いかける

【UFC187】ベナビデスもモラガに立ちふさがり、フライ級トップ勢安泰

<フライ級/5分3R>
ジョセフ・ベナビデス(米国/2位)
Def.3-0:30-27, 30-27,30-27
ジョン・モラガ(米国/5位)

右から左を伸ばすモラガ、距離を取り直したベナビデスは右ハイを受けつつ、右フックを打ち込む。グラウンドに崩れたモラガからパスを狙いつつ、ギロチンの機会を窺うベナビデスがサイドマウントを取る。モラガは足を戻すが、ベナビデスが再び足を抜く。ギロチンを仕掛けられるぐらいなら、背中をつけておくという判断にも見られるモラガに対し、ベナビデスはマウント狙いからロールしてギロチンへ。この機に頭を取らせずモラガが立ち上がる。追い掛けて組み伏せようとしたベナビデスだが、モラガが立ち上がることに成功した。

残り90秒、ケージにモラガを押し込んだベナビデスは両ワキを差してエルボー。モラガももろ差しになると、見事なベリー・トゥ・ベリーでベナビデスを投げ捨てる。すぐに立ち上がったベナビデスが首投げを仕掛けるが、モラガはすかしてバックを奪取。そのまま組んでダブルでテイクダウンを奪い初回が終わった。

2R、ショートのアッパーやフックで攻めるベナビデス。モラガは右ローを決める。3度目の右ローに左フックを合わせるベナビデス。直後に両者のワンツーがオクタゴン中央で交錯する。モラガはここで右ミドルを決める。明らかに効いたベナビデスのガードが下がる。ここに右ミドルから右ハイを狙ったモラガ。ベナビデスは組みついてケージに押し込む。ヘッドバットがあったか頭部をカットし、かなりの流血が見られるモラガに対し、ベナビデスがダブルレッグでテイクダウン。モラガは強引な態勢で得意のギロチンの態勢に入る。頭を抜いてトップを取ったベナビデスは、パスからエルボーで傷口を狙うえげつない攻撃を見せる。モラガは頭を引き寄せてディフェンスに徹し、そのまま2Rもタイムアップに。

最終回、モラガの右がヒット。さらに左を続けると、ベナビデスも左で応える。ロングフックを振り回すモラガは前蹴りでベナビデスの姿勢を崩しケージに後退させる。一気に距離を詰めようとしたモラガに対し、ベナビデスは逆に前蹴りで距離を保つ。試合は一旦落ち着くと、ベナビデスがニータップでテイクダウンに成功する。即サイドを取ったベナビデス、クローズドに戻したモラガだがエルボーを額に受ける。ここでもモラガはしがみつきに出て、能動的な動きができない。

一瞬のハイガードもベナビデスは上体を起こして対処、モラガはクローズドに戻し時間が進む。両ワキを差したモラガだったが、背中をマットにつけさせられこの先のトランジッションはなく3Rが終了、ベナビデスがフルマークで判定勝ちを手にした。ドッドソンに続き、ベナビデスも下位ランカーのチャレンジを跳ね返した。

PR
PR

関連記事

大会予定(現地時間)

Arzalet

Road FC43

Movie