この星の格闘技を追いかける

【OFC07】攻めるも守るも力づく、チーがマンソール下す

2013.02.02

<マレーシア・フェザー級王座決定T準決勝/5分3R>
カイ・チー(マレーシア)
Def.3-0
AJ・リアス・マンソール(マレーシア)

マレーシアのシラット王者(!!)マンソールとムエタイ王者チーの対戦。非常に低い姿勢から右フック、そのまま組みついてテイクダウンに成功したマンソール。直後にパスガードからマウントを奪取する。右のパンチ、左エルボーを落したマンソールに対し、チーはケージを蹴ってブリッジを仕掛け、さらにブリッジから立ち上がる。

再び低い姿勢を取ったマンソールは、右フックをヒットさせテイクダウンへ。しかし、パスからサイドを取ったが、チーのブリッジで再び態勢を入れ替えられ、背中を見せながら立ち上がる。スタンドに戻ると、簡単に3度目のテイクダウンを決めたマンソールが、またもパスへ。正対してきたチーにギロチンを仕掛けるも、首を引抜かれる。

残り1分、動きが重くなったマンソールに対し、チーが徐々に距離を詰める。と、ダブルレッグからケージまでドライブしたマンソールが、またもテイクダウンからマウントへ。マンソールがパウンド&エルボーを落したところで、初回がタイムアップに。マンソールのラウンドとなったが、スタミナに問題がありそうだ。

2R、姿勢が高くなったマンソールにチーが、ローを蹴り込む。そのローにテイクダウンを合せたマンソールがドライブ。ここはチーがネルソンでこらえ、マンソールが距離を取りなおす。直後にテイクダウンしたマンソールは、チーのゴゴプラッタを苦も無く外してパスへ。ヘッドロックの態勢になったマンソールから、チーがバックを奪いに掛かる。向き合って立った両者、再びチーのローに組みついたマンソールだが、勢いがない。

疲れを隠せないマンソールにチーはローを2発、パンチも蹴りも切れが無くなったマンソールは残り1分で組みついてシングルレッグへ。チーはヒザ蹴りをボディに3発突き上げて距離を作ると、テイクダウン狙いのマンソールに再度ヒザを突き上げて、フックをヒットする。メンソールは何とか組みついて、ケージにチーを押し込みラウンド終了の時を迎えた。

守るも攻めるも力任せの一戦は、最終ラウンドへ。チーは、テイクダウン狙いのマンソールの顔面に前蹴りを蹴り込む。マンソールが組みついてもヒザを繰り出し、テイクダウンを許さない。距離を取りなおしたマンソールの右フックがヒットするが、後が続かない。チーもテイクダウンを嫌がり、遠い距離からのローぐらいしか有効な攻撃が見られない。

レフェリーからアクションの指示が掛かると、マンソールは突っ立ったまま組みつき、そのままいなされてバランスを崩す。チーは立ち上がろうとしたマンソールの顔面を蹴り上げるも、直後にテイクダウンを許してしまう。残り1分、インサイドガードで逆にパンチを受けるマンソール、クローズドガードのなかで動きが止る。

ブレイクが掛かり、マンソールのパンチは空振りし、チーも蹴りも届かない。そのチーの蹴りに組みついていったマンソールが、ケージにチーを押し込んだ状態でタイムアップを迎えた。結果、ジャッジは3者ともチーを支持し、フェザー級王座決定戦決勝進出を決めた。

PR
PR

関連記事

Martial World

Movie

Tricorder

Gokikai Karate

ONEday