この星の格闘技を追いかける

【Glory21】試合結果 王者レヴィン、サイモンとの初防衛戦でドロー防衛。ヘビー級Tはヴィグニーが制す

8日(金・現地時間)カリフォルニア州サンディエゴのヴァレービューカジノ・センターでGlory 21が開催された。

メインのGlory世界ミドル級選手権試合では王者アルテム・レヴィンが、2013年3月にLion Fightで判定負けを喫しているサイモン・マーカスを相手に雪辱戦を戦い、46-48、47-47、47-47のドロー判定で王座初防衛。ヘビー級挑戦者決定トーナメント出場権をかけた1日トーナメントでは、エグザビアー・ヴィグニーが準決勝でモーリス・ジャクソンを、決勝でチャイ・ルイス・ペリーをそれぞれKOで沈めて優勝している。同大会の全試合結果は以下の通りだ。

Glory 21
<Glory世界ミドル級選手権試合/3分5R>
△アルテム・レヴィン(ロシア)5R
判定
詳細はコチラ
△サイモン・マーカス(カナダ/1位)
<ヘビー級挑戦者決定T予選・決勝/3分3R>
○エグザビアー・ヴィグニー(米国/14位)2R1分50秒
KO
×チャイ・ルイス・ペリー(英国/15位)
<ウェルター級/3分3R>
○レイモンド・ダニエルズ(米国/6位)1R0分51秒
KO
×ジャスティン・ベースマン(米国)
<ヘビー級挑戦者決定T予選・準決勝/3分3R>
○チャイ・ルイス・ペリー(英国/15位)1R1分40秒
KO
×デモレオ・デニス(米国)
<ヘビー級挑戦者決定T予選・準決勝/3分3R>
○エグザビアー・ヴィグニー(米国/14位)1R1分32秒
KO
×モーリス・ジャクソン(米国)
<ミドル級/3分3R>
○マイク・ルメア(米国/12位)3R
判定
×ケイシー・グリーン(米国)
<ライト級/3分3R>
○ギガ・チカゼ(ジョージア)3R2分19秒
KO
×ケン・トラン(カナダ)
<ヘビー級/3分3R>
○モーリス・グリーン(米国)1R2分12秒
KO
×アシュリー・エプス(米国)
<ライトヘビー級/3分3R>
○マニー・マンチャ(米国)3R0分19秒
KO
×アンドレ・ウォーカー(米国)
<ウェルター級/3分3R>
○オマリ・ボイド(米国/14位)3R
判定
×クリス・カラダス(米国)
PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie